本文へジャンプ

業務内容

血液浄化業務

 当院では、血液透析療法(人工透析)、アフェレーシス療法(血漿交換療法、血液吸着療法)などの血液浄化業務を行っています。


血液透析(人工透析)療法(Hemodialysis:HD)

 慢性腎不全患者の血液透析(人工透析)療法を47床の腎センターにて行っています。


腎センター
腎センター(人工透析装置)


   血液透析(人工透析)とは慢性腎不全により尿毒素に汚染された血液を、きれいにして体内に戻す方法です。
 人工腎臓と呼ばれるダイアライザーの装置に体内の血液を送り、血液の中の老廃物を取り除き、余分な水分を除去・電解質の濃度の調節・血液pH(酸-アルカリ性)を改善を行い、血液をきれいにして体内に戻します。

人工透析装置
人工透析装置

人工腎臓
人工腎臓(ダイアライザー)


 血液透析(人工透析)では、血管に針を刺して血液を連続的に取り出す必要があるため、簡単な手術によって、前腕の動脈と静脈を皮下でつなぎ合わせてシャントと呼ばれる血液の取り出し口を作ります。
 1回の透析時間は4~5時間で、週2~3回透析施設に通います。次の透析までの間に老廃物や水分がたまるので、 食事制限を厳密にする必要があります。一般的に、高カロリー低タンバクの食事で、水分・塩分・カリウムは制限します。

人工透析装置

人工透析装置

On-Line HDF
当院では、平成25年度よりOn-Line HDF(オンラインHDF)を導入しました。透析液は「高純度(ウルトラピュア)透析液」と呼ばれ、オンラインHDFにも対応できるようになりました。


この高度に清浄化されている透析液で透析を続けると、
●皮膚掻痒症
●レストレッグ症候群・イライラ感
●食欲不振
●皮膚の色素沈着
●透析中の血圧安定
●不眠
●エリスロポエチン不反応性腎性貧血
●透析アミロイド症予防
といった効果があると言われています。

 

 


アフェレーシス療法(apheresis therapy)

 主に免疫疾患(ギランバレー症候群、重症筋無力症、グッドパスチャー症候群(Goodpasture's syndrome, GPS)、溶血性尿毒症症候群(HUS)など)にPE、DFPP等の血漿交換。潰瘍性大腸炎の患者に対しての白血球吸着(L-CAP、G-CAP)を行っています。

人工透析装置

人工透析装置

人工透析装置

人工透析装置

人工透析装置

人工透析装置


末梢血幹細胞採取(autologous peripheral blood stem cell transplantation : PBSCT)

白血病、悪性リンパ腫、骨髄腫などの血液疾患の治療において、血液中の末梢血幹細胞を採取し、後で移植します。


高気圧酸素治療中
末梢血幹細胞の採取

 

アフェレシス件数

ICU/NICU/救急業務

人工呼吸療法 (respiratory therapy)

 まず、人工呼吸器とは、肺の機能を代行する生命維持管理装置です。機械で呼吸(換気)をさせることにより、肺内(体内)の二酸化炭素を排出し、酸素を体内に与える役割を担います。
 人工呼吸療法には、挿管(気管にチューブを挿入)して呼吸を行う方法と挿管しないで、マスクにより呼吸(非侵襲的人工呼吸)を行う方法があります。これらは、病院だけではなく、自宅(在宅)でも行う場合もあります。



 また、人工呼吸器は医療機器の中でも他の医療機器と異なり生命維持管理装置であるため、その取扱いや保守管理などが適切に実施されなければ患者に致命的な障害を与える危険性があります。  臨床工学科では、24時間体制で、人工呼吸器の管理を行っています。使用する場合は、医師、看護師、臨床工学技士、理学療法士、栄養士などとコミュニケーションをとりながら、病態に応じて人工呼吸器の機種の選定や設定を行っていきます。また、NST(栄養サポートチーム)や感染対策委員との協力体制もあり、チームで呼吸療法を行っています。病院以外でも、自宅(在宅)での管理も臨床工学技士が訪問し、行っています。


機 種 台 数 取扱業者(メーカー) 備 考
サーボU 2 フクダ電子 IPPV/NPPV
(成人・小児・新生児)
サーボi 2 フクダ電子 IPPV
(成人・小児・新生児)
サーボs 4 フクダ電子 IPPV(成人)
V60 2 フィリップス・レスピロニクス NPPV(成人・小児)
LTV-1000 1 フィリップス・レスピロニクス IPPV(成人)
オートセットCS-A 帝人 ASV(レンタル対応)
NIPネーザルV 帝人 NPPV(レンタル対応)
ハミングX 1 日本光電 IPPV(小児・新生児)
インファントフロー・サイパップ 2 日本光電 NPPV(小児・新生児)

 

 

プログラマー操作
人工呼吸療法(挿管による)

プログラマー操作
非侵襲的人工呼吸療法(挿管しない)

 

人工呼吸器使用症例数

 

IPPV 転帰

 

NPPV転帰

 

 当院のICU/NICUでは、臨床工学科が24時間(on Call)体制により、人工呼吸器の管理を行っています。使用する場合は、必ず立会うこととなっています。
医師、看護師などとコミュニケーションをとりながら、病態に応じて人工呼吸器の機種の選定や設定を行っています。さらに、NST(栄養サポートチーム)や感染対策委員との協力体制もあり、理学療法士、栄養士などを含めたチームで呼吸療法を行っています。病院以外の自宅(在宅)での管理も臨床工学技士が訪問して行っています。

 

人工呼吸療法

人工呼吸療法(多職種による離脱訓練)

 


NICUにおける新生児人工呼吸療法

【目的】
 ・出生直後の呼吸循環の確立(主に低出生体重児)
 ・出生後、呼吸不全を来した患児に対する呼吸管理



  

NICU(Neonatal Intensive Care Unit)
新生児集中治療室の様子

高気圧酸素療法(hyperbaric oxygen therapy:HBOTまたはHBO)

 100%酸素を圧力の高い部屋(高気圧治療装置)で吸う治療を「高気圧酸素治療または再圧治療」といいます。高気圧酸素治療は、酸素をたくさん身体内に送り込むことによって、酸素不足またはダメージを受けている組織を回復させる治療です。
 学会や厚生労働省の基準では、2絶対気圧(大気圧の2倍、水深10mの圧力)で1時間以上100%酸素を呼吸することを高気圧酸素治療と定めています。
  私たちの身体では、赤血球中(動脈中)のヘモグロビンの95%以上が酸素と結びついています。ヘモグロビンと結びついている酸素を「結合型酸素」といいます。たとえば、病院などで100%の酸素を吸うと、ヘモグロビンがほぼ100%、酸素と結び付きます。さらに、高気圧酸素治療では、高気圧下で酸素を吸うため、圧力に応じて身体内に酸素が溶け込みます。血清(赤血球や白血球が浮いている血液の水分)に溶け込むわけです。これを「溶解型酸素」といいます。高気圧酸素治療では、特にこの「溶解型酸素」が威力を発揮します。治療圧力を高くすれば高くするほど、この「溶解型酸素」は増加しますが、過剰に入りすぎると副作用を現すことがあるため、病気や病状に合わせて圧力(治療表)を選択します。




高気圧治療装置



高気圧酸素治療中


 

黒部市民病院の現状

 

 

疾患別の症例数割合

急性血液浄化療法(acute blood purification)

 急性の腎不全や肝不全、肝炎、敗血症などに対して、各種血液浄化を持続的血液浄化(CHF、CHDF)、血漿交換、血液吸着(DHP、PMX)などを集中治療室にて行います。


人工透析装置
持続的血液透析濾過療法(continuous hemodiafiltration:CHDF)

 

人工透析装置
CHDF+エンドトキシン吸着(PMX)

持続的血液浄化療法(CBP)件数

 

循環器業務

 当院の臨床工学技士は、心臓カテーテル室において、心臓カテーテル検査・治療やペースメーカ埋え込み術の補助業務を行っています。ここでは、補助循環装置(IABP)や人工呼吸器、麻酔器などの生命維持装置のほかにも、血管内超音波検査装置(IVUS)や除細動器、ペースメーカプログラマ、スティムレータなどの電気的エネルギーの負荷を伴う機器を取り扱っており、これら関連した機器の安全確保するため、セッティングや操作、保守点検などを行っています。
また、心臓カテーテル室では、下記のことが必要となります。


Ⅰ.装置設置基準
心臓カテーテル室で使用する機器は、ミクロショックを防ぐためにCF 型機器であることが義務づけられている。非接地配線、商用電源停止による電源喪失から装置の動作停止を起こさないための非常電源装置等の設置が義務付けられており、常に設置が基準通りであるかを確認しなくてはならない。(詳細はJIS T1022「病院電気設備の安全基準」の心臓カテーテル室を参照のこと。)

Ⅱ.装置の機器管理
全ての装置に破損箇所がなく適切に設置され、コード、ソケットおよびコネクタ等が安全に設置されていることを確認すること。また、動作試験等を行い正常動作することを確認する。

 

心カテ室においての臨床工学技士が準備および操作をする機器


●血管内超音波検査(IVUS)超音波          
 血管内部の断層画像をリアルタイムで見る事ができる。

 

 

プログラマー操作

●光干渉断層撮影装置
(Optical Coherence Tomography)
血管内部の断層 画像をリアルタイムで見る
事 ができる。


プログラマー操作

●血栓吸引器
吸引器によりチューブ及びカテーテル内を
陰圧とし、血管内の血栓を吸引除去する。


プログラマー操作

●体外式ペースメーカ
緊急に徐脈を治療する必要がある場合やPCI徐脈
が発生する可能性が高い場合、経過とともに完全
に回復が見込める場合またはペースメーカ埋め込
み手術までの短期的な徐脈の治療などを目的とし
た際に経静脈的に電極リードを右室心尖部に留置
し心臓に電気刺激を与え、 応急的に一定の心拍
数に保つことができる。


プログラマー操作

●カーディアックスティムレータ
心臓カテーテル検査の心臓電気生理学検査の
専用装置として設計された診断用心臓電気刺
激装置、ペースメーカ電極アナライザの機能
も有している。


●大動脈内バルーンパンピングIABP(intra-aortic balloon pumping;IABP) 30~40mLの大動脈内バルーンを胸部下行大動脈に留置し,心電図または動脈圧に同期させて膨張・収縮させることにより心機能を補助する圧補助循環装置。

 

心臓カテーテル検査・治療について

 心臓カテーテル検査は、心臓に特殊な細いプラスチック製の管(カテーテル)を挿入し、心臓内の圧や血液の酸素濃度を測定・分析したり、造影剤を注入してX線撮影し、心臓の血液状態や形、心室・心房と弁の動きを調べたり、さらには心臓の筋肉(心筋)を採取して病理学的に検査する心筋生検などを行なう検査です。
 動脈から挿入したカテーテルの先端を冠状動脈の入り口まで進め、造影剤を注入して心臓をX線撮影します。ビデオカメラを使い、リアルタイムに撮影します。
 造影剤によって冠状動脈が映し出され、動脈硬化が進行して血管が狭くなって狭心症の原因となっている場所が見つかり、心筋梗塞で詰まってしまった場所と障害された場所がわかります。
 この検査によって狭心症や心筋梗塞の確定診断をするとともに、治療方針の決定、たとえばバルーン療法(PTCA)を行なうのがいいのか、A-Cバイパス手術がいいのかと行ったことを判断する材料となります。
 狭心症・心筋梗塞の治療には、内科的な治療の「薬物治療」「心臓カテーテル治療(経皮的冠動脈形成術 PCI)」そして外科的な「バイパス手術」があります。
 心臓カテーテル治療は、局所麻酔後に手首や足のつけ根の動脈からカテーテルと呼ばれる細い管を入れ、血栓吸引やバルーン(風船)療法やステント(筒形で網状の金属)挿入術を行なって狭くなったり詰まったりしている冠動脈を広げる治療法です。
 また、脈が速くなる頻脈性不整脈においては、心臓内を電気刺激して異常な伝導路を確認して心臓の電気の流れをカテーテルにより正常に戻す高周波焼灼術や脈が遅くなる徐脈性不整脈には、体外式ペースメーカを使用します。
 このほかに下肢の動脈が狭くなったり詰まっていたりする下肢動脈硬化症に対して血流を回復する下肢動脈形成術や、下肢静脈血栓がもとで起こる肺梗塞の予防治療に下肢静脈フィルターなどを行っています。

 

心臓カテーテル検査・治療

ペースメーカ(Pace Maker)業務

心臓ペースメーカーとは、
 不整脈など、心臓の収縮が秩序正しく伝わらない時、心臓に周期的に電気刺激を与えて、心拍動を起こさせる装置です。ペースメーカーには、緊急の時に用いる体外式と、体内に植え込む永久型の2種類があります。体外式は、心臓手術のときに起こる不整脈の時などに使われ、永久型は、大きさ小型ライター並み、植え込んでも違和感無く過ごせます。


ペースメーカ図1


健康な人の心拍数は1分間に約70回。それが1分間に20~30回に減少した場合を徐脈と呼び、心電図に現れる。症状はめまい、息切れ、どうきなど。ひどくなると意識がなくなって倒れることもある。このように下がった心拍数を正常の数値に戻すためにペースメーカーを使う。 ペースメーカーは、心臓病によって徐脈が見られた場合に使われ、その本体は電池、コンデンサー、IC回路からできている。回路からの電気信号は40~50センチの細い柔軟なワイヤでできた電極を通して心筋に伝えられる。
 現在ある一番小さいペースメーカーの本体部分の大きさは縦5センチ、横4センチ、厚み7ミリほどで重さは17グラム。大きいのでもその2、3倍程度。小さい方の電池の寿命は約5年。大きいので約10年もつ。電池の寿命がきたら本体ごと取り換える必要がある。

ペースメーカ図2


ペースメーカ実物


 

 

ペースメーカ業務における臨床工学技士の関わり

    1. ペースメーカ植込術(術前、術語患者訪問、アナライザー、プログラマー操作)
    2. ペースメーカ交換 (プログラマー操作)
    3. ペースメーカ外来チェック(全患者約200名、年2回)
    4. 術前訪問
    5. 術後チェック

      ※2013年から条件付MRI対応ペースメーカーを取り扱っています。MRI検査前後に臨床工学技士がプログラマーを操作することにより、ペースメーカ植え込み患者がMRI検査を行えるようになります。

腎センター 

ペースメーカ植込術風景

プログラマー操作 プログラマー操作
プログラマー操作
閾値、波高値の測定など


ペースメーカ業務


 




手術室業務

 手術室には、大きな機器や小さな機器が数多く置いてあります。
手術が安全に行われるために、そのような広範な医療機器の操作や事前の管理が重要になります。その際の機器の操作や使用(前・中・後)点検や定期点検、トラブル対応、機器操作の指導などの仕事を臨床工学技士が受け持っています。

・使用(前・中)点検機器:麻酔器、生体情報モニタ、電気メス、内視鏡外科システム、手術顕微鏡、自己血回収装置、神経刺激装置など
・使用後点検機器:内視鏡外科手術カメラヘッド、ライトガイド、スコープなど

 

手術室臨床支援件数

 

ペースメーカ図2
自己血回収装置



麻酔器・生態情報モニタ・電機メス 使用前点検


ペースメーカ図2
電気メス



内視鏡外科手術モニタシステム


ペースメーカ図2
手術顕微鏡

 

ペースメーカ図2
胸腔鏡下外科手術


ペースメーカ図2
次回手術の準備


ペースメーカ図2
整形外科手術


ペースメーカ図2
眼科手術システム準備・点検


ペースメーカ図2 
手術ナビゲーションシステム準備・点検


 


 

医療機器安全管理業務

 生命維持管理装置に携わる臨床工学技士は、手術室、人工透析室、集中治療室、高気圧酸素治療室など、医療施設の様々な分野で活躍しています。これらにある医療機器が、安全で性能を維持できるように保守・点検を行い、また集中管理をすることにより効率的で適切な運用ができるようにしています。

 

    1. 医療機器安全管理者の設置
    2. 医療機器管理室の設置
    3. 医療機器管理スケジュールに沿った定期点検の実施
    4. スタッフに対しての医療機器安全管理研修会、シミュレーション教育の実施
    5. 医療機器の中央管理(医療機器管理システムによる管理)
    6. 医療機器のバーコード管理
    7. 医療機器の取扱説明書、添付文書の管理
    8. 医療機器の消耗品の交換
    9. 院内での医療機器研修会の実施

     

 

【貸出管理医療機器一覧】令和2年4月15日現在

貸出機器  台 数 貸出機器  台 数
自動輸液ポンプ
シリンジポンプ
自動点滴装置
経腸栄養ポンプ
ベッドサイドモニタ
送信機(SpO2)
送信機(心電呼吸)
酸素流量計
電子血圧計
電子血圧計(感染用)
パルスオキシメータ
162
40
80
2
109
60
36
344
167
57
169
カフ圧計
超音波ネブライザー(吸入器)
加湿加温ネブライザー
フットポンプ
吸引ポンプ
AEDトレーナー
練習用蘇生バッグ
多用途ナースコール
26
26
15
47
18
3
3
4

 

【医療機器管理室レイアウト】




医療機器管理


医療機器管理ソフトmims



医療機器管理ソフトmims(モバイル)


 



貸出用 生体情報モニタ(医療機器管理室)


 


生体情報モニタ(定期点検中)
CimCube SC-5・SpOチェッカーOX-1- 使用



貸出用 人工呼吸器(医療機器管理室)


 


人工呼吸器(定期点検)
フローアナライザーPF-300使用



透析機器(オーバーホール)
透析機器(定期点検)


 

ペースメーカ図2 
閉鎖式保育器(定期点検)
Incu-iテスター使用

 


麻酔器(定期点検)



電気メス(定期点検)
電気メスチェッカーQA-ESI1使用


 




貸出用 医薬品注入器(医療機器管理室)



貸出用 その他の医療機器(医療機器管理室)
フットポンプ・蘇生バッグ・エアマット


 


医薬品注入器(定期点検)
輸液ポンプ・シリンジポンプ・自動点滴装置
ポンプテスタ-IDA4Plus使用



貸出用 その他の医療機器(医療機
器管理室) 流量計・血圧家・送信機・
経腸栄養ポンプなど


 


除細動器(定期点検)
電気安全性試験
漏れ電流測定器ST5540使用



除細動器(定期点検)
DCチェッカーIMPULSE7000使用


 

心電計(定期点検)
電気安全性試験
漏れ電流測定器ST5540使用



ペースメーカ図2
大動脈内バルーンパンピングIABP
(定期点検中 )

ペースメーカ図2 
新生児人工呼吸器(定期点検中)

医療機器安全研修会

ペースメーカ図2ペースメーカ図2
輸液ポンプ・シリンジポンプ・自動点滴装置・生体情報モニタ
看護師新人研修会(シミュレーション)

 


人工呼吸器シミュレーション研修(ICU)



内視鏡外科手術研修会研修(手術室)


 


除細動器シミュレーション研修(ICU)



IABPシミュレーション研修(ICU)



ペースメーカ図2ペースメーカ図2
心臓カテーテル・ペースメーカ・EPS研修(心カテ室)



ペースメーカ図2
酸素療法デバイス研修会

ペースメーカ図2
腎センター訓練災害研修会研修

内視鏡業務

低侵襲の視点で急激な進歩を遂げた内視鏡検査・治療領域は,高度先進医療の代名詞といっても過言ではなく,内視鏡検査・治療領域における業務支援として,臨床工学技士が積極的に携わっています。

●医療機器管理

 保守点検
  定期点検、使用前・使用中・使用後点検
  定期的消耗品交換
  トラブル対応

●洗浄消毒業務(内視鏡カメラ)

●臨床支援

 内視鏡検査(上部・下部)の準備・補助
   生検・色素散布など
 
  内視鏡治療の準備・補助
   ERCP(内視鏡手的逆行性膵胆管造影法)、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)、
   EUS(内視鏡的超音波検査)
   ラジオ波焼灼療法(RFA)の準備・補助 など

 

 

ペースメーカ図2ペースメーカ図2
ペースメーカ図2ペースメーカ図2

黒部市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション