本文へジャンプ

概要・経緯

臨床工学技士(Clinical Engineers)とは

 病院の中には医師や看護師の他に、レントゲン・CT・MRIなどを扱う診療放射線技師、血液や細菌検査・心電図や脳波などの検査を行う臨床検査技師、リハビリテーションを行う理学療法士が働いています。ここでご案内する『臨床工学技士』も病院で働く医療技術者です。医師以外の診療補助に従事する看護師や各種の医療技術者のことをコメディカルと呼んでいます。臨床工学技士はコメディカル職種の一種であり、現在の医療に不可欠な医療機器のスペシャリストです。今後益々増大する医療機器の安全確保と有効性維持の担い手としてチーム医療に貢献しています。


  • 1987年5月に制定された「臨床工学技士法※」に基づく医学と工学の両面を兼ね備えた国家資格です。
    (※公布 昭和62年6月2日、施行 昭和63年4月1日)臨床工学技士になるには定められた学校を卒業し国家試験を受ける必要があります。
  • 医師の指示の下に、生命維持管理装置の操作及び保守点検を行う事を業とする医療機器の専門医療職種です。
  • 医師をはじめ、看護師などと共に医療機器を用いたチーム医療の一員として生命維持をサポートしています。

臨床工学科

 平成6年度より臨床工学技士が採用され、腎センター(人工透析業務)を中心に、人工呼吸器管理を行い、平成9年度よりME室が新設され、医療機器の中央管理業務が始まりました。その後、平成15年から臨床工学科として現在に至ります。

 

スタッフ

 臨床工学科では現在8名の臨床工学技士が勤務しています。
資格取得状況は以下の通りです。
経験年数などの受験資格を得たものから順次取得の予定です。

資格取得
取得人数
第1種ME技術実力検定試験 2
第2種ME技術実力検定試験 3
透析技術認定士 4
3学会合同呼吸療法認定士 4
高気圧酸素治療技師認定 1
高気圧酸素治療装置操作技師認定 1
臨床ME認定士 2
MDIC認定 1

また、資格取得のほかに医療機器メーカー主催のメンテナンス講習や学会にも積極的に参加して技術と知識の向上に努めています。
 

臨床工学科

気軽に見学に来てください!


問い合わせ先

黒部市民病院 臨床工学科
TEL 0765-54-2211(内線1983)
E-mail me@med.kurobe.toyama.jp



業務拡大の経緯

臨床工学技士数
平成6年度
(1994年)
臨床工学技士1名採用
人工透析業務開始
人工呼吸器管理開始
1名
平成7年度
(1995年)
急性血液浄化療法(CHF,CHDF)開始
高気圧酸素療法(HBO)開始
人工呼吸器管理(使用中点検ラウンド)開始
 
平成8年度
(1996年)
臨床工学技士1名採用
血漿交換療法(PE、DFPP、LDL)開始
2名
平成9年度
(1997年)
ME室設置
末梢血幹細胞採取(PBSCT)開始
新生児人工呼吸器管理開始
在宅人工呼吸器管理開始
 
平成10年度
(1998年)
急性血液浄化療法(PMX)開始
自動輸液ポンプ・シリンジポンプ中央管理開始
 
平成11年度
(1999年)
臨床工学技士1名臨時採用
2000年問題医療機器確認
3名
平成12年度
(2000年)
臨床工学技士1名採用
腹水濃縮再静注開始
3名
(1名産休)
平成13年
(2001年)
臨床工学技士1名採用
白血球除去療法(G-CAP、L-CAP)
非侵襲的人工呼吸器管理開始
術中胆管内圧測定
術中自己血回収(セルセーバー)
4名
平成15年度
(2003年)
臨床工学科誕生
臨床工学技士1名臨時採用
術中自己血回収(オーソパット)
麻酔器点検管理
除細動器点検管理
IABP点検管理
医療機器管理マニュアル作成
医療安全管理室・臨床工学科合同カンファレンス開始
病院機能評価Ver.4受験
5名
(1名産休)
平成16年度
(2004年)
臨床工学技士1名臨時採用中止 4名
平成17年度
(2005年)
  4名
(1名産休)
平成18年度
(2006年)
臨床工学技士1名採用
手術室医療機器管理開始
内視鏡外科手術対応開始
5名
平成19年度
(2007年)
臨床工学技士1名退職 4名
平成20年度
(2008年)
臨床工学技士1名採用
ペースメーカ業務開始
保育器点検管理
5名
平成21年度
(2009年)
臨床工学技士1名採用
電気メス点検管理開始
病院機能評価Ver.6受験
6名
平成22年度
(2010年)
院内時刻管理開始
生体情報モニタ点検開始
6名
平成24年度
(2012年)
On-Line HDF(後希釈)開始
電気安全性試験装置導入
ペースメーカ術前訪問開始
6名
平成25年度
(2013年)
On-Line HDF(前希釈)開始 8名

黒部市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション