本文へジャンプ

作業療法部門

作業療法とは

『身体または精神に障害のあるもの、またはそれが予測されるものに対し、その主体的な活動の獲得を図るため、諸機能の回復、維持及び開発を促す作業活動を用いて治療、指導及び援助を行うこと』と定義されています。


当院での作業療法(OT)

対象

脳血管疾患(脳出血・脳梗塞・脳腫瘍など)、整形疾患(腱板損傷・手の外科・上肢の骨折・脊髄損傷など)、外科的術後・内科疾患進行に伴う廃用症候群

内容

当院は急性期病院であり、早期リハビリテーションを行っています。


  • ベッドサイドからの発症後早期機能訓練。
  • 食事・排泄・整容・更衣等の日常生活動作への取り組み。
  • 必要に応じて、各種自助具や補装具を作成する。
  • 知能・記憶・認知機能に対しての評価。

    加えて、当科の特色として、運動器(肩・肘・手)の専任化に取り組んでいます。手の外科治療では、積極的にスプリント療法に取り組み、肩の疾患はリハ・チャートに準じて最良のサービスの提供に努めています。

その他

  • 整形・脳外・神内など各科毎に週一回又は、月一回の頻度でカンファレンスを行い、他職種との連携を図っています。そして、より自立した生活につながるよう支援しています。
  • 健康管理センターにて、脳ドックでの記銘力検査を行っています。

作業療法(OT)訓練の様子

ICUから早期リハビリテーション
ICUから早期リハビリテーション

手外科疾患 (スプリント)
手外科疾患
(スプリント)

上肢機能訓練

上肢機能訓練

上肢機能訓練
ADL訓練室


※作業療法について詳しく知りたい方は下記の ホームページにアクセスしてください。

 

黒部市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション