本文へジャンプ

緩和ケア

緩和ケアとは

 生命を脅かす病を抱える患者さんとご家族の痛みをはじめとする「からだのつらさ」や「こころのつらさ」を和らげ、自分らしい生活を送ることができるように支えるケアです。仕事のことや将来への不安などのつらさについても、入院中だけでなく通院中も、主治医や看護師と共に支えます。

(国立がん研究センター がん情報サービスから)

緩和ケアは、がんと診断されたときから始まります

 がんと診断されると落ち込むこともあります。また、診断を受けたときには、すでに痛みや息苦しさなどの症状がある場合もあります。緩和ケアは、そのような落ち込みや症状に対して、がんと診断されたときから始まります。緩和ケアは、がんが進行してから始めるものではありません。がんの治療とともに、つらさを感じるときにはいつでも受けることができます。

がん患者さん以外にも治療やケアを行います

 「がん」患者さんだけでなく、心不全や呼吸不全、腎不全などの慢性の病気をお持ちの患者さんのつらさを和らげる治療やケアも行っています。

 

緩和ケアチーム

 緩和ケアチームとは、からだのつらさだけでなく、こころのつらさ、経済的なことなど、困っていることについて、いろいろな職種と協力しながら解決できるようにする、患者さんとご家族を支援するチームです。当院では、からだのつらさの緩和を専門とする医師、こころのつらさの緩和を専門とする医師と公認心理師、緩和ケアについての知識と技術を持った看護師、薬剤師、理学・作業療法士、管理栄養士、ソーシャルワーカーが緩和ケアチームのメンバーです。
  主治医の診療に加えて、緩和ケアチームの診療を受けていただくので、主治医が変わることはありません。主治医から緩和ケアチームの診療を勧められることもありますが、患者さんやご家族からも希望することができます。つらい症状があるときには我慢しないで、緩和ケアを受けられることをお勧めします。緩和ケアについて話を聞きたい、緩和ケアを受けたいという時には、主治医や看護師など近くのスタッフにご相談ください。

 

緩和ケアセンター外来

緩和ケア医紹介

小林孝一郎(こばやし こういちろう)
専門領域  緩和医療、肺癌
資格    緩和医療専門医
      呼吸器外科専門医
              外科専門医
      日本医師会認定産業医
所属学会  日本緩和医療学会 理事
      日本呼吸器外科学会 評議員
      日本肺癌学会
      日本サイコオンコロジー学会
      日本死の臨床研究会

緩和ケアセンター外来のご案内

 外来通院中の患者さんを対象に、緩和ケア医が行う外来です。 入院中に緩和ケアチームの診療を受けていた患者さんも、引き続き診療を受けていただくことができます。主治医の診療に加えて、緩和ケアセンター外来の診療を受けていただくので、主治医が変わることはありません。痛みや息苦しさ、吐き気や食欲低下などのいろいろなからだの症状だけでなく、落ち込んだり、眠れなかったりなどのこころのつらさなども総合的に診療します。患者さんやご家族の気持ちを大切にし、療養上の気がかりなどのご相談もお受けします。

○外来受診の流れについて
【当院ですでに診療を受けている患者さんの場合】
 現在当院に入院中の方は、主治医はそのまま継続します。外来通院中の方も、病気の診療科の医師が主治医となります。予約した日時に再来受付機で「緩和ケアセンター」受付をし、中央棟1C窓口へお越しください。

【当院以外の医療機関をご利用の患者さんの場合】
 医療機関の先生方からの予約を受付いたします。
 ご予約される場合は、お手数ですが、黒部市民病院地域医療連携室にご連絡ください。
 当院には、いわゆる「緩和ケア病棟」はありません。当院の緩和ケアセンター外来を受診される場合は、それぞれ主となる病気の診療科を窓口としていただいております。病気の診療科の医師が主治医となり、緩和ケア医による併診であることを予めご了承ください。
 
    TEL:0765-54-2211(連携室)    FAX:0765-54-2962

2)診療
  緩和ケア医、看護師による面談・診療を行います。
  要する時間は、患者さんによって異なります。

がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了者一覧

 当院は地域がん診療連携拠点病院として、がん診療に携わる医師・歯科医師の緩和ケア研修会の受講に努めています。

緩和ケア研修会修了者一覧

黒部市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション