本文へジャンプ

ロボティックアーム手術支援システム

ロボティックアーム手術支援システム「Mako」とは

 ロボティックアームとは、一般に「人の手の代わりに作業を行う機械の腕(アーム)」のことで、自動で動くものや人が操作して動かすものなどがあります。このたび当院で導入したロボティックアームは、術中に医師が操作をして動かすもので、人工関節を設置する際に傷んだ骨を削るために使われます。人工関節置換術では、手術計画通りに正確に骨を切除し、人工関節を設置することが術後成績に影響します。ロボティックアームは、手術計画を正確に再現出来るようにコントールでき、また治療計画にない部位にさしかかると止まる仕組みになっており、計画外の動きを制御することで安全かつ正確な手術を可能にします。
  なお、Makoシステムを使用した人工股関節置換術は2019年6月、人工膝関節置換術は2019年7月にそれぞれ厚生労働省の承認を得て保険適用となっています。


前十字靭帯 
Makoシステム
膝関節用ロボティックアーム(左) カメラスタンド(中央) ガイダンスモジュール(右)


前十字靭帯 前十字靭帯

(人工股関節全置換術実施時)    (人工膝関節全置換術実施時)

画像提供:日本ストライカー株式会社

 

ロボティックアーム手術支援システム「Mako」の特徴・メリット

〇正確性・安全性
 ロボティックアームはコンピューターでコントロールされ、骨の切除量を0.5mm単位の正確さで調整でき、手術前の計画をより正確に再現することが期待されます。また、計画からはずれた動きを制御できるので安全性が向上します。


前十字靭帯が損傷した膝


〇メリット
 ロボティックアームを用いて人工関節全置換術を行うと人工関節の設置精度の向上が認められます。これにより患者さんにとって、手術後の痛みの軽減、合併症の減少、人工関節が長く使用できるなどのメリットが期待できます。


ロボティックアーム手術支援システム「Mako」の紹介動画

 ロボティックアームMakoを使用した、人工関節置換術に関する手術の流れや方法について動画でご説明いたします。この治療は保険診療で受けることができます。詳細につきましてはお問い合わせください。


人工膝関節置換術

人工股関節置換術

黒部市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション