本文へジャンプ

呼吸器外科

科の特徴

治療方針 

 子どもからお年寄りまで、安心して治療を受けていただけるよう、安全かつ最適な治療法を提供い たします。不安や痛みなど1日でも早く取り除けるよう、心がけて治療します。

診療内容

 肺がん、縦隔腫瘍、気胸、膿胸、気道狭窄、外傷などあらゆる胸部疾患のほか、甲状腺や 副甲状腺の治療を行います。

 

<主な対象疾患>

  • 肺腫瘍(肺癌、転移性肺腫瘍、良性肺腫瘍など)
  • 縦隔腫瘍(胸腺腫、胸腺癌、胚細胞性腫瘍など)
  • 気胸
  • 膿胸
  • 横隔膜弛緩症
  • 胸壁・胸膜・横隔膜腫瘍
  • 気管・気管支腫瘍
  • 気道狭窄症
  • 感染性疾患(膿胸、肺化膿症、非結核性抗酸菌症、縦隔炎など)
  • 胸部外傷
  • 甲状腺腫瘍(甲状腺癌など)
  • 副甲状腺腫瘍


主に、以下の疾患に対して診断・治療目的に検査・手術・処置を行います。

肺の悪性腫瘍

 肺の悪性腫瘍は、検診、人間ドック、他の病気をきっかけに偶然発見されることがほとんどです。確定診断のための検査から治療まで行います。

  • 早期肺癌:胸腔鏡による手術を行います(参照:単孔式胸腔鏡手術)。
  • 進行肺癌:手術、放射線治療、薬物療法を組み合わせて治療します。
  • 転移性肺腫瘍:転移した肺の病巣に対して、主に胸腔鏡による手術を行います(参照:単孔式胸腔鏡手術)。薬物療法や放射線治療を組み合わせることがあります。

縦隔腫瘍

 縦隔腫瘍は、検診、人間ドック、他の病気をきっかけに偶然発見されることがほとんどです。検査から治療まで行います。治療を必要としない腫瘍から、進行癌のように手術、放射線治療、薬物療法を必要とする腫瘍までさまざまな種類があります。手術が必要な場合には、主に胸腔鏡で行います(参照:単孔式胸腔鏡手術)。

気胸

 体内に貯まった空気を排出する治療(ドレナージ)や、胸腔鏡による手術を行います(参照:単孔式胸腔鏡手術)。

膿胸

 体内に貯まった膿を排出する治療(ドレナージ)や、胸腔鏡による手術を行います(参照:単孔式胸腔鏡手術)。

 

主な専門医療

単孔式胸腔鏡手術

 さまざまな低侵襲手術を提供可能ですが、なかでも傷1カ所だけの「単孔式」胸腔鏡手術(Uniportal VATS)を主に実施しています。切開の大きさは2-4cmです。
 従来の複数の傷(穴)で行う胸腔鏡手術よりも、体のダメージが少ないことが大きな利点です。年齢、性別、体格を問いません。特に肺癌で多く実施される肺葉切除術や肺区域切除術では、従来の胸腔鏡手術よりも低侵襲です。

(注)5cm以上の大きな腫瘍や、周囲に食い込んでいる局所進行癌の場合には、従来通りの大きな傷(開胸)の方が総合的に安全で確実な場合があります。
(参考)単孔式手術マニュアル(南山堂)本間崇浩、分筆


横隔膜弛緩症の治療(経過観察されがちな病気)

 呼吸に重要な役割を果たしているのが横隔膜です。横隔膜は、横隔神経から指令を受けて、伸びたり縮んだりします。年を重ねると横隔神経が機能しなくなり、横隔膜が緩んだままになることがあります(横隔膜弛緩症)。横隔膜が緩むと、お腹の臓器が胸の方へ移動し、心臓や肺を圧迫します。ゆっくり進行するため「年のせい」だと勘違いしがちですが、息苦しいなどの自覚症状が出現します。
 治療には横隔膜を縮んだ形に縫い直し、正常な位置に戻す手術が必要です。この手術も単孔式胸腔鏡手術で実施可能です。


合同カンファレンスでの症例提示
治療前

左側の横隔膜がゆるんで心臓が右側に
移動しています。

早朝の輪読会
治療後

ゆるんだ横隔膜を縫い直す手術
正常な位置に戻りました。

スタッフの紹介

氏名
役職名
専門分野
認定
本間 崇浩
本間 崇浩
呼吸器外科部長 呼吸器外科一般 日本外科学会 専門医 指導医
日本呼吸器外科学会 専門医 評議員 胸腔鏡安全技術認定医
日本呼吸器内視鏡学会 専門医 指導医
日本呼吸器学会 専門医 指導医
肺がんCT検診 認定医
日本がん治療 認定医
da Vinci Certificateドクター
日本胸部外科学会 正会員
日本単孔式胸腔鏡手術研究会 幹事
日本外科教育研究会 世話人
外科医療人育成研究会 代表世話人
米国外科学会認定 Advanced Trauma Operative Management(ATOM)provider
米国消化器内視鏡外科学会(SAGES)認定Certification of the Fundamental Use of Surgical Energy(FUSE)

 

医療最前線(健康コラム)

 医療最前線(健康コラム)は黒部市報「広報くろべ」に掲載した記事です。
 
・令和5年1月 体にやさしい単孔式胸腔鏡手術について

黒部市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション