本文へジャンプ

利用料金

1 介護老人保健施設サービス料

(1)基本料金(施設利用料) ※( )内は2割負担額
                 < > 内は3割負担額
①基本利用料

[基本型:個室]

要介護1
701円/日(1,402円/日)
<2,103円/日>
要介護2
746円/日(1,492円/日)
<2,238円/日>
要介護3
808円/日(1,616円/日)
<2,424円/日>
要介護4
860円/日(1,720円/日)
<2,580円/日>
要介護5
911円/日(1,822円/日)
<2,733円/日>

 

[基本型:多床室]

要介護1
775円/日(1,550円/日)
<2,325円/日>
要介護2
823円/日(1,646円/日)
<2,469円/日>
要介護3
884円/日(1,768円/日)
<2,652円/日>
要介護4
935円/日(1,870円/日)
<2,805円/日>
要介護5
989円/日(1,978円/日)
<2,967円/日>

 

[在宅強化型:個室]

要介護1
742円/日(1,484円/日)
<2,226円/日>
要介護2
814円/日(1,628円/日)
<2,442円/日>
要介護3
876円/日(1,752円/日)
<2,628円/日>
要介護4
932円/日(1,864円/日 )
<2,796円/日>
要介護5
988円/日(1,976円/日)
<2,964円/日>

 

[在宅強化型:多床室]

要介護1
822円/日(1,644円/日)
<2,466円/日>
要介護2
896円/日(1,792円/日)
<2,688円/日>
要介護3
959円/日(〔1,918円/日)
<2,877円/日>
要介護4
1,015円/日(2,030円/日)
<3,045円/日>
要介護5
1,070円/日(2,140円/日)
<3,210円/日>

②加算利用料

    1. 当施設が、厚生労働大臣が定める夜勤を行う職員の勤務条件に関する基準に適合する場合には、上記の基本利用料に合わせ1日につき24円(48円)<72円>加算されます。
    2. 医師又は医師の指示を受けた作業療法士等が、入所後3ヶ月以内の期間において、集中的にリハビリテーションを行った場合には、上記の基本利用料合わせ1日につき240円(480円)<720円>加算されます。
    3. 入所後3ヶ月以内の期間において、認知症があると医師が判断し、生活機能の改善のために集中的にリハビリテーションを行った場合には、上記の基本利用料に合わせ1週に3日を限度として1日につき240円(480円)<720円>加算されます。
    4. 若年性認知症の利用者ごとに個別の担当者を定め、サービスの提供を行った場合には、上記の基本利用料に合わせて1日につき120円(240円)<360円>加算されます。
      ただし、下記の21を加算している場合には算定されません。
    5. 外泊された場合には、1月に6日を限度として外泊初日と最終日以外は上記の基本利用料に代えて1日つき362円(724円)<1,086円>となります。
    6. 試行的に退所し、当施設の居宅サービスを提供する場合は、1月に6日を限度として試行的な退所に係る初日と最終日以外は上記の基本利用料に代えて1日つき800円(1,600円)<2,400円>となります。
    7. 入所後30日に限って、上記の基本利用料に合わせ1日につき30円(60円)<90円>加算されます。
    8. 医師の診断によりターミナルケアが行われた場合には、上記の基本利用料に合わせ1日につき下記の料金が加算されます。
      Ⅰ 死亡日以前4日以上30日以下  160円/日(320円/日) <480円/日>
      Ⅱ 死亡日前日及び前々日      820円/日 (1,640円/日) <2,460円/日>
      Ⅲ 死亡日              1,650円/日(3,300円/日)<4,950円/日>
    9. 多職種協働により栄養ケア計画を作成し、管理栄養士が継続的栄養管理を行っておりますので、上記の基本利用料に合わせ1日につき14円(28円)<42円>加算されます。
    10. 利用者が医療機関に入院し、施設入所時とは大きく異なる栄養管理が必要となり、施設の管理栄養士が医療機関の管理栄養士と連携して、再入所後の栄養ケア計画を策定した場合には、上記の基本利用料に合わせ1回を限度として400円(800円)<1,200円>加算されます。ただし、上記の9を加算していない場合には算定されません。
    11. 低栄養状態又は低栄養状態のおそれのある場合に多職種が協働して低栄養状態を改善するための計画を作成し、栄養管理を行った場合には、上記の基本利用料に合わせ1月につき300円(600円)<900円>加算されます。ただし、上記の9を加算していない場合又は下記の12若しくは13を加算している場合には算定されません。
    12. 経口による食事の摂取を進めるための経口移行計画を作成し、医師の指示に基づき栄養管理及び支援を行った場合には、上記の基本利用料に合わせ1日につき28円(56円)<84円>加算されます。
      ただし、上記8を加算していない場合には算定されません。
    13. 摂食機能障害を有し、誤嚥が認められる利用者に対して、医師の指示に基づき多職種協働により栄養管理を行うための食事の観察及び会議等を行い、経口による継続的な食事の摂取を進めるための経口維持計画を作成し、栄養管理を行った場合には、上記の基本利用料に合わせ1月につき400円(800円)<1,200円>が加算されます。ただし、上記の9を加算している場合又は12を加算している場合には算定されません。
       また、経口による継続的な食事の摂取を支援するための食事の観察並びに会議等に協力歯科医機関の歯科医師等が加わった場合には、上記の基本利用料に合わせ1月につき100円(200円)<300円>が加算されます。
    14. 医師の指示に基づき療養食を提供した場合には、上記の基本利用料に合わせ1日につき3回を限度として6円(12円)<18円>加算されます。
    15. 当施設が、厚生労働大臣が定める基準に適合する場合には、在宅復帰・在宅療養支援機能加算として、上記の基本利用料に合わせ1日につき基本型算定時においては34円(68円)<102円>、在宅強化型算定時においては46円(92円)<138円>加算されます。
    16. 6種類以上の内服薬が処方されており、その処方内容を当施設医師と当該主治の医師が共同し、総合的に評価及び調整し合意の上、処方する内服薬を減少した場合、上記の基本利用料に合わせ1回を限度として125円(250円)<375円>加算されます。
    17. 入所予定日前30日以内又は入所後7日以内に居宅を訪問し、退所を目的とした施設サービス計画の策定及び診療方針の決定を行った場合には、上記の基本利用料に合わせ入所中1回を限度として下記の料金が加算されます。                
      Ⅰ 退所を目的とした施設サービス計画の策定及び診療方針の決定を行った場合 450円/回(900円/回) <1,350円/回>    
      Ⅱ 退所を目的とした施設サービス計画の策定及び診療方針の決定にあたり、生活機能の改善目標を定め、退所後の生活に係る支援計画を策定した場合 480円/回(960円/回) <1,440円/回>
    18. 居宅等への退所にあたり指導等を行った場合には、上記の基本利用料に合わせ下記の料金が加算されます。
      Ⅰ 試行的退所時指導           400円/回(800円/回) <1,200円/回>
      Ⅱ 退所時情報提供            500円/回(1,000円/回)<1,500円/回>
      Ⅲ 退所前連携              500円/回(1,000円/回)<1,500円/回>
      Ⅳ 老人訪問看護指示           300円/回 (600円/回)<900円/回>
    19. 緊急その他やむを得ない事情により医療行為が行われた場合には、上記の基本利用料に別途料金が加算されます。
    20. 肺炎、尿路感染症、帯状疱疹の利用者に対し、投薬、検査、注射、処置等を行った場合には、1月に1回、連続する7日を限度として上記の基本利用料に合わせ1日につき239円(478円)<717円>加算されます。 なお、当施設医師が感染症対策に関する研修を受講している場合には、1日につき480円(960円)<1,440円>加算されます。ただし、上記の19を加算した日は算定されません。
    21. 医師が、認知症の行動・心理症状が認められるため、在宅での生活が困難であり、緊急に入所することが適当であると判断し、介護保健施設サービスを行った場合には、上記の基本利用料に合わせ入所した日から起算して7日を限度として、1日につき200円(400円)<600円>加算されます。
    22. 過去に認知症の原因疾患に関する確定診断を受けておらず、認知症のおそれがあると医師が判断し、厚生労働大臣が定める機関に紹介を行った場合には、上記の基本利用料に合わせ入所期間中に1回を限度として350円(700円)<1,050円>加算されます。
    23. 医療機関を退院した利用者に対して、診療計画に基づき治療等を行い、退院した日の属する月の翌月までに、地域連携診療計画管理料を算定する病院に診療情報を提供した場合には、上記の基本利用料に合わせ1回を限度として300円(600円)<900円>加算されます。
    24. 褥瘡発生を予防するため、褥瘡の発生と関連の強い項目について、定期的な評価を実施し、その結果に基づき計画的に管理した場合、上記の基本利用料に合わせ3月に1回を限度として10円(20円)<30円>加算されます。
    25. 排泄に介助を要するため、適切な対応を行うことにより要介護状態の軽減若しくは悪化の防止が見込まれると医師又は医師と連携した看護師が判断した利用者に対し、多職種が協働して支援計画を作成し、その計画に基づく支援を継続した場合には、支援を開始した日の属する月から起算して6月以内の期間に限り、上記の基本利用料に合わせ1月につき100円(200円)<300円>加算されます。
    26. 当施設が、厚生労働大臣が定める基準に適合する場合には、職員の占める割合に応じ、上記の基本利用料に合わせ1日につき下記の料金が加算されます。
      Ⅰ 介護職員の総数のうち、介護福祉士が60%以上である場合 
        18円/日(36円/日)<54円/日>   
      Ⅱ 介護職員の総数のうち、介護福祉士が50%以上である場合 
        12円/日(24円/日)<36円/日>   
      Ⅲ 看護・介護職員の総数のうち、常勤職員が75%以上である場合 
         6円/日(12円/日)<18円/日>   
      Ⅳ 直接サービスを提供する職員の総数のうち、勤続年数3年以上の者が30%以上である場合 6円/日 (12円/日)<18円/日>  
    27. 当施設が、厚生労働大臣が定める基準に適合する場合には、介護職員処遇改善加算として上記の基本利用料及び1~26までにより算定した利用料総額に1.6%を乗じた金額が加算されます。

(2)その他の料金

①食費(食材料費及び調理費用含む)  朝食  560円/食
昼食  560円/食
夕食  620円/食
②居住費  個室  1,668円/日
多床室  377円/日
③特別室利用料(個室) 1,100円/日
④証明書等交付手数料  実費
⑤インフルエンザ等予防接種料 実費

※「食費」及び「居住費」について介護保険負担限度額認定を受けている場合には、介護保険負担限度額認定証に記載されている負担限度額が利用者の負担額となります。


2 短期入所療養介護サービス料

(1)基本料金  ※( )内は2割負担額
           < > 内は3割負担額
①基本利用料

[基本型:個室]

要介護1
755円/日(1,510円/日)
<2,265円/日>
要介護2
801円/日(1,602円/日)
<2,403円/日>
要介護3
862円/日(1,724円/日)
<2,586円/日>
要介護4
914円/日(1,828円/日)
<2,742円/日>
要介護5
965円/日(1,930円/日)
<2,895円/日>

 

[基本型:多床室]

要介護1
829円/日(1,658円/日)
<2,487円/日>
要介護2
877円/日(1,754円/日)
<2,631円/日>
要介護3
938円/日(1,876円/日)
<2,814円/日>
要介護4
989円/日(1,978円/日)
<2,967円/日>
要介護5
 1,042円/日(2,084円/日)
<3,126円/日>

 

[在宅強化型:個室]

要介護1
797円/日(1,594円/日)
<2,391円/日>
要介護2
868円/日(1,736円/日)
<2,604円/日>
要介護3
930円/日(1,860円/日)
<2,790円/日>
要介護4
986円/日(1,972円/日)
<2,958円/日>
要介護5
1,041円/日(2,082円/日)
<3,123円/日>

 

[在宅強化型:多床室]

要介護1
876円/日(1,752円/日)
<2,628円/日>
要介護2
950円/日(1,900円/日)
<2,850円/日>
要介護3
1,012円/日(2,024円/日)
<3,036円/日>
要介護4
1,068円/日(2,136円/日)
<3,204円/日>
要介護5
1,124円/日(2,248円/日)
<3,372円/日>

 

 

特定介護老人保健施設短期入所療養介護
(日中のみ短期間の利用で、難病等を有する
重度要介護者又はがん末期の方で
あって常時看護師による観察が必要な場合)
3時間以上4時間未満  656円/回
(1,312円/回)<1,968円/回>
4時間以上6時間未満  908円/回
(1,816円/回)<2,724円/回>
6時間以上8時間未満 1,261円/回
(2,522円/回)<3,783円/回>

②加算利用料

    1. 当施設が、厚生労働大臣が定める夜勤を行う職員の勤務条件に関する基準に適合する場合には、上記の基本利用料に合わせ1日につき24円(48円)<72円>加算されます。
    2. 入所時及び退所時に送迎を行った場合には、上記の基本利用料に合わせ片道184円(368円)<552円>が加算されます。
    3. 作業療法士等が個別にリハビリテーションを行った場合には、上記の基本利用料に合わせ1日につき240円(480円)<720円>が加算されます。
    4. 医師が認知症の行動・心理症状が認められるため、在宅での生活が困難であり、緊急にサービスを利用することが適当であると判断した場合には、利用を開始した日から起算して7日を限度として、上記の基本利用料に合わせ1日につき200円(400円)<600円>が加算されます。
    5. 居宅サービス計画において計画的に行うこととなっていない利用を緊急に行った場合には、利用を開始した日から起算して7日を限度として、上記の基本利用料に合わせ1日につき90円(180円)<270円>が加算されます。ただし、上記の4を加算している場合には算定されません。
    6. 若年性認知症の利用者ごとに個別の担当者を定め、サービスの提供を行った場合には、上記の基本利用料に合わせて1日につき120円(240円)<360円>加算されます。なお、特定介護老人保健施設短期入所療養介護利用時においては、上記の基本利用料に合わせ1日につき60円(120円)<180円>加算となります。ただし、上記の4を加算している場合には算定されません。
    7. 厚生労働大臣が定める状態にあり、要介護4又は要介護5の利用者に計画的な医学的管理を継続して行い、療養上必要な処置を行った場合には、上記の基本利用料に合わせ1日につき120円(240円)<360円>加算されます。なお、特定介護老人保健施設短期入所療養介護利用時においては、上記の基本利用料に合わせ1日につき60円(120円)<180円>加算となります。
    8. 当施設が、厚生労働大臣が定める基準に適合する場合には、在宅復帰・在宅療養支援機能加算として、上記の基本利用料に合わせ1日につき基本型算定時においては34円(68円)<102円>、在宅強化型算定時においては46円(92円)<138円>加算されます。
    9. 医師の指示に基づき療養食を提供した場合には、上記の基本利用料に合わせ1日につき3回を限度として8円(16円)<24円>加算されます。
    10. 緊急その他やむを得ない事情により医療行為が行われた場合には、上記の基本利用料に別途料金が加算されます。
    11. 当施設が、厚生労働大臣が定める基準に適合する場合には、職員の占める割合に応じ、上記の基本利用料に合わせ1日につき下記の料金が加算されます。
      Ⅰ 介護職員の総数のうち、介護福祉士が60%以上である場合 
        18円/日(36円/日)<54円/日>
      Ⅱ 介護職員の総数のうち、介護福祉士が50%以上である場合 
        12円/日(24円/日)<36円/日>
      Ⅲ 看護・介護職員の総数のうち、常勤職員が75%以上である場合
        6円/日(12円/日)<18円/日>
      Ⅳ 直接サービスを提供する職員の総数のうち、勤続年数3年以上の者が30%以上である場合 6円/日(12円/日)<18円/日>
    12. 当施設が、厚生労働大臣が定める基準に適合する場合には、介護職員処遇改善加算として上記の基本利用料及び1~11までにより算定した利用料総額に1.6%を乗じた金額が加算されます。

(2)その他の料金

①食費(食材料費及び調理費用含む)  朝食  560円/食
昼食  560円/食
夕食  620円/食
②滞在費  個室  1,668円/日
多床室  377円/日
③特別室利用料(個室) 1,100円/日
④証明書等交付手数料  実費

※「食費」及び「滞在費」について介護保険負担限度額認定を受けている場合には、介護保険負担限度額認定証に記載されている負担限度額が利用者の負担額となります。


3 通所リハビリテーションサービス料

(1)基本料金(施設利用料) ※( )内は2割負担額
                 < > 内は3割負担額
①基本利用料

①1時間以上2時間未満
要介護1
 331円/回( 662円/回)
<993円/回>
要介護2
 360円/回( 720円/回)
<1,080円/回>
要介護3
 390円/回( 780円/回)
<1,170円/回>
要介護4
 419円/回( 838円/回)
<1,257円/回>
要介護5
 450円/回( 900円/回)
<1,350円/回>
②2時間以上3時間未満
要介護1
 345円/回( 690円/回)
<1,035円/回>
要介護2
 400円/回( 800円/回)
<1,200円/回>
要介護3
 457円/回( 914円/回)
<1,371円/回>
要介護4
 513円/回(1,026円/回)
<1,539円/回>
要介護5
 569円/回(1,138円/回)
<1,707円/回>
③3時間以上4時間未満
要介護1
 446円/回( 892円/回)
<1,338円/回>
要介護2
 523円/回(1,046円/回)
<1,569円/回>
要介護3
 599円/回(1,198円/回)
<1,797円/回>
要介護4
 697円/回(1,394円/回)
<2,091円/回>
要介護5
 793円/回(1,586円/回)
<2,379円/回>
④4時間以上5時間未満
要介護1
 511円/回(1,022円/回)
<1,533円/回>
要介護2
 598円/回(1,196円/回)
<1,794円/回>
要介護3
 684円/回(1,368円/回)
<2,052円/回>
要介護4
 795円/回(1,590円/回)
<2,385円/回>
要介護5
 905円/回(1,810円/回)
<2,715円/回>
⑤5時間以上6時間未満
要介護1
 579円/回(1,158円/回)
<1,737円/回>
要介護2
 692円/回(1,384円/回)
<2,076円/回>
要介護3
 803円/回(1,606円/回)
<2,409円/回>
要介護4
 935円/回(1,870円/回)
<2,805円/回>
要介護5
1,065円/回(2,130円/回)
<3,195円/回>
⑥6時間以上7時間未満
要介護1
 670円/回(1,340円/回)
<2,010円/回>
要介護2
 801円/回(1,602円/回)
<2,403円/回>
要介護3
 929円/回(1,858円/回)
<2,787円/回>
要介護4
1,081円/回(2,162円/回)
<3,243円/回>
要介護5
1,231円/回(2,462円/回)
<3,693円/回>
⑦7時間以上8時間未満
要介護1
 716円/回(1,432円/回)
<2,148円/回>
要介護2
 853円/回(1,706円/回)
<2,559円/回>
要介護3
   993円/回(1,986円/回)
<2,979円/回>
要介護4
1,157円/回(2,314円/回)
<3,471円/回>
要介護5
1,317円/回(2,634円/回)
<3,951円/回>

②加算利用料

    1. 当施設が、厚生労働大臣が定める基準に適合する場合は、通所リハビリテーション計画に位置付けられた内容のサービスを行うのに要する標準的な時間に応じ、それぞれ上記の基本利用料に合わせ下記の料金が加算されます。
       ア 3時間以上4時間未満の場合 12円/回(24円/回)<36円/回>
       イ 4時間以上5時間未満の場合 16円/回(32円/回)<48円/回>
       ウ 5時間以上6時間未満の場合 20円/回(40円/回)<60円/回>
       エ 6時間以上7時間未満の場合 24円/回(48円/回)<72円/回>
       オ 7時間以上の場合      28円/回(56円/回)<84円/回>
    2. 入浴介助を行った場合には、上記の基本利用料に合わせ1日につき50円(100円)<150円>が加算されます。
    3. 多職種協働にて継続的にリハビリテーションの質を管理した場合は、上記の基本利用料に合わせて1月につき下記の料金が加算されます。       
      Ⅰ 通所リハビリテーション計画の進捗状況を定期的に評価し、必要に応じて見直しを行っている場合など  330円/月(660円/月)<990円/月>  
      Ⅱ リハビリテーション会議を開催し、ご利用者の状態の変化に応じ、リハビリテーション計画を見直している場合など 
      (ⅰ)通所リハビリテーション計画の同意を得た日の属する月から起算して6月以内の場合  850円/月(1,700円/月)<2,550円/月>
      (ⅱ)通所リハビリテーション計画の同意を得た日の属する月から起算して6月を越えた場合  530円/月(1,060円/月)<1,590円/月>
      Ⅲ リハビリテーション会議を開催し、利用者の状態の変化に応じ、通所リハビリテーション計画を見直し、医師が利用者又はそのご家族様に対し説明した場合など
      (ⅰ) 通所リハビリテーション計画の同意を得た日の属する月から起算して6月以内の場合 1,120円/月(2,240円/月)<3,360円/月>
      (ⅱ) 通所リハビリテーション計画の同意を得た日の属する月から起算して6月を越えた場合  800円/月(1,600円/月)<2,400円/月>
      Ⅳ リハビリテーション会議を開催し、利用者の状態の変化に応じ、通所リハビリテーション計画を見直し、医師が利用者又はそのご家族様に対し説明すると共にその内容に関するデータを厚生労働省に提出した場合など
      (ⅰ) 通所リハビリテーション計画の同意を得た日の属する月から起算して6月以内の場合 1,220円/3月(3,660円/3月)
      (ⅱ) 通所リハビリテーション計画の同意を得た日の属する月から起算して6月を越えた場合  900円/3月(2,700円/3月)  
    4. 退院・退所日又は認定日から3月以内の期間に個別リハビリテーションを集中的に行った場合には、上記の基本利用料に合わせ1日につき110円(220円)<330円>が加算されます。ただし、下記の5を加算している場合には算定されません。
    5. 認知症であると医師が判断した利用者であって、リハビリテーションによって生活機能の改善が見込まれると判断され、リハビリテーションを集中的に行った場合には、上記の基本利用料に合わせ下記の料金が加算されます。ただし、上記の4を加算している場合には算定されません。
      Ⅰ 上記の3のⅠからⅣのいずれかを算定し、退院・退所日又は通所開始日から3月以内の期間に1週に2日を限度として、リハビリテーションを集中的に行った場合  240円/日(480円/日)<720円/月>
      Ⅱ 上記の3のⅡ、Ⅲ又はⅣを算定し、退院・退所日又は通所開始日の属する月から3月以内の期間に1月に4回以上リハビリテーションを集中的に行った場合  1,920円/月(3,840円/月)<5,760円/月>
    6. 若年性認知症の利用者ごとに個別の担当者を定め、サービスの提供を行った場合には、上記の基本利用料に合わせて1日につき60円(120円)<180円>加算されます。
    7. 低栄養状態にある又はそのおそれのある利用者に栄養改善サービスを行った場合には、上記の基本利用料に合わせ1月に2回を限度として1回につき150円(300円)<450円>加算されます。
    8. 利用開始時及び利用中6月ごとに利用者の栄養状態について確認を行い、栄養状態に関する情報を担当する介護支援専門員に提供した場合には、上記の基本利用料に合わせ1回につき5円(10円)<15円>加算されます。ただし、当加算を他事業所で算定している場合や上記の7を受けている間及び終了した日の属する月は算定されません。
    9. 口腔機能改善のための計画を作成し、口腔機能の向上を目的とした口腔機能向上サービスを行った場合には、上記の基本利用料に合わせ1月に2回を限度として1回につき150円(300円)<450円>加算されます。
    10. 厚生労働大臣が定める状態にあり要介護状態区分が要介護3、要介護4又は要介護5の方に対して、計画的な医学的管理のもと、サービス提供を行った場合には、上記の基本利用料に合わせ1日につき100円(200円)<300円>が加算されます。だだし、上記基本利用料の①を算定している場合は算定されません。
    11. 当施設が、厚生労働大臣が定める基準に適合する場合には、職員の占める割合に応じ、上記の基本利用料に合わせ1日につき下記の料金が加算されます。 
      Ⅰ 介護職員の総数のうち、介護福祉士が50%以上である場合 
        18円/日(36円/日)<54円/回>    
      Ⅱ 介護職員の総数のうち、介護福祉士が40%以上である場合 
        12円/日(24円/日)<36円/回>
      Ⅲ 直接サービスを提供する職員の総数のうち、勤続年数3年以上の者が30%以上で ある場合 6円/日(12円/日)<18円/回>
    12. 当施設が、厚生労働大臣が定める基準に適合する場合には、介護職員処遇改善加算として上記の基本利用料及び1~11までにより算定した利用料総額に1.9%を乗じた金額が加算されます。

 

(2)その他の料金

①食費
昼食(食材料費及び調理費用含む) 
560円/食
②証明書等交付手数料  実費

4 介護予防短期入所療養介護サービス料

(1)基本料金  ※( )内は2割負担額
           < > 内は3割負担額
①基本利用料

[基本型:個室]

要介護1
580円/日(1,160円/日)
<1,740円/日>
要介護2
721円/日(1,442円/日)
<2,163円/日>

[基本型:多床室]

要介護1
613円/日(1,226円/日)
<1,839円/日>
要介護2
768円/日(1,536円/日)
<2,304円/日>

[在宅強化型:個室]

要介護1
621円/日(1,242円/日)
<1,863円/日>
要介護2
762円/日(1,524円/日)
<2,286円/日>

[在宅強化型:多床室]

要介護1
660円/日(1,320円/日)
<1,980円/日>
要介護2
816円/日(1,632円/日)
<2,448円/日>

②加算利用料

    1. 当施設が、厚生労働大臣が定める夜勤を行う職員の勤務条件に関する基準に適合する場合には、上記の基本利用料に合わせ1日につき24円(48円)<72円>加算されます。
    2. 作業療法士等が個別にリハビリテーションを行った場合には、上記の基本利用料に合わせ1日につき240円(480円)<720円>が加算されます。
    3. 医師が認知症の行動・心理症状が認められるため、在宅での生活が困難であり、緊急にサービスを利用することが適当であると判断した場合には、上記3の基本利用料に合わせ、利用を開始した日から起算して7日を限度として、1日につき200円(400円)<600円>が加算されます
    4. 若年性認知症の利用者ごとに個別の担当者を定め、サービスの提供を行った場合には、上記の基本利用料に合わせて1日につき120円(240円)<360円>加算されます。ただし、上記の3を加算している場合には算定されません。
    5. 当施設が、厚生労働大臣が定める基準に適合する場合には、在宅復帰・在宅療養支援機能加算として、上記の基本利用料に合わせ1日につき34円(68円)<102円>、在宅強化型算定時においては46円(92円)<138円>加算されます。
    6. 入所時及び退所時に送迎を行った場合には、上記の基本利用料に合わせ片道184円(368円)<552円>が加算されます。
    7. 医師の指示に基づき療養食を提供した場合には、上記の基本利用料に合わせ1日につき3回を限度として8円(16円)<24円>加算されます。
    8. 緊急その他やむを得ない事情により医療行為が行われた場合には、上記の基本利用料に別途料金が加算されます。
    9. 当施設が、厚生労働大臣が定める基準に適合する場合には、職員の占める割合に応じ、上記の基本利用料に合わせ1日につき下記の料金が加算されます。
      Ⅰ 介護職員の総数のうち、介護福祉士が60%以上である場合 
        18円/日(36円/日)<54円/日>
      Ⅱ 介護職員の総数のうち、介護福祉士が50%以上である場合 
        12円/日(24円/日)<36円/日>
      Ⅲ 看護・介護職員の総数のうち、常勤職員が75%以上である場合 
        6円/日(12円/日)<18円/日>
      Ⅳ 直接サービスを提供する職員の総数のうち、勤続年数3年以上の者が30%以上である場合 6円/日(12円/日)<18円/日>
    10. 当施設が、厚生労働大臣が定める基準に適合する場合には、介護職員処遇改善加算として上記の基本利用料及び1~9までにより算定した利用料総額に1.6%を乗じた金額が加算されます。

(2)その他の料金

①食費(食材料費及び調理費用含む)  朝食  560円/食
昼食  560円/食
夕食  620円/食
②滞在費  個室  1,668円/日
多床室  377円/日
③特別室利用料(個室) 1,100円/日
④証明書等交付手数料  実費

※「食費」及び「滞在費」について介護保険負担限度額認定を受けている場合には、介護保険負担限度額認定証に記載されている負担限度額が利用者の負担額となります。


5 介護予防通所リハビリテーションサービス料

(1)基本料金  ※( )内は2割負担額
           < > 内は3割負担額

要介護1
1,721円/月(3,442円/月)
<5,163円/月>
要介護2
3,634円/月(7,268円/月)
<10,902円/月>
※契約期間が1月に満たない場合には、1日につき下記料金となります。 
■要支援1  57円/日(114円/日)<171円/月> 
■要支援2 120円/日(240円/日)<360円/月>

②加算利用料

    1. 多職種協働にて継続的にリハビリテーションの質を管理した場合は、上記の基本利用料に合わせ1月につき330円(660円)<990円>加算されます。
    2. 若年性認知症の利用者ごとに個別の担当者を定め、サービスの提供を行った場合には、上記の基本利用料に合わせて1月につき240円(480円)<720円>加算されます。
    3. 運動器機能向上計画を作成し、運動器の機能向上を目的とした運動器機能向上サービスを行った場合には、上記の基本利用料に合わせ1月につき225円(450円)<675円>が加算されます。
    4. 栄養ケア計画を作成し、低栄養状態の改善等を目的とした栄養改善サービスを行った場合には、上記の基本利用料に合わせ1月につき150円(300円)<450円>が加算されます。
    5. 利用開始時及び利用中6月ごとに利用者の栄養状態について確認を行い、栄養状態に関する情報を担当する介護支援専門員に提供した場合には、上記の基本利用料に合わせ1回につき5円(10円)<15円>加算されます。ただし、上記の4を算定している場合には算定されません。
    6. 口腔機能改善のための計画を作成し、口腔機能の向上を目的とした口腔機能向上サービスを行った場合には、上記の基本利用料に合わせ1月につき150円(300円)<450円>が加算されます。
    7. 上記の3、4、6のうち複数のサービスを実施した場合には、上記の基本利用料に合わせ1月につき下記の料金が加算されます。
      2種類以上のサービスを実施した場合 480円/月 (960円/月)<1,440円/月>
      3種類以上のサービスを実施した場合 700円/月 (1,400円/月)<2,100円/月>
    8. 厚生労働大臣が定める基準に適合する場合には、職員の占める割合に応じ、上記の基本利用料に合わせ1月につき下記の料金が加算されます。
      Ⅰ 介護職員の総数のうち、介護福祉士が50%以上である場合               
      要支援1  72円/月(144円/月)<216円/月>                                      
      要支援2  144円/月(288円/月)<432円/月>
      Ⅱ 介護職員の総数のうち、介護福祉士が40%以上である場合
        要支援1  48円/月(96円/月)<144円/月>
        要支援2  96円/月(192円/月)<288円/月>
      Ⅲ 直接サービスを提供する職員のうち、勤続年数3年以上の者が30%以上である場合
        要支援1  24円/月(48円/月)<72円/月>
        要支援2  48円/月(96円/月)<144円/月>
    9. 当施設が、厚生労働大臣が定める基準に適合する場合には、介護職員処遇改善加算として上記の基本利用料及び1~6までにより算定した利用料総額に1.9%を乗じた金額が加算されます。

 

(2)その他の料金

①食費
昼食(食材料費及び調理費用含む) 
560円/食
②証明書等交付手数料  実費

 

入浴

入浴回数は、原則として週2回とし、利用者の日常生活動作機能に合わせて一般浴又は特殊浴のいずれかを選択させていただきます。

食事時間

原則として、皆さん一緒に食堂にて食事していただきます。    
朝食:7時30分  昼食:12時  夕食:18時

利用中のお願い

利用中の介護は、職員が行いますので、付き添いの必要はありません。但し、衣類などの洗濯や面会・外出・外泊などにつきましてはご家族のご協力をお願い致します。


面会時間
8時30分から21時まで  

面会に際しては、必ずサービスステーションにて面会簿の記入をお願い致します。

黒部市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション