本文へジャンプ

小児科

科の特徴

 新川医療圏は小児科専門医のたいへん少ない地域です。
 地域中核病院の小児科として、こどもたちのプライマリケアから、小児特有の疾患のフォローまで、幅広く受け持っています。
 どんなに医療が進歩しても、こどもはいろいろな病気にかかります。特に、おとなではあまり見られないような、いろいろな感染症があります。
 感染症に伴い、高熱や悪寒、ひどい咳、嘔吐、下痢、時にはけいれんなどがみられます。これらは家族にとってたいへん心配なものです。こどもを診せていただき、こどもの病気にどう向かい合うか、わかりやすくお伝えしてご家族に安心していただくことが使命、と考えています。
 一部の感染症を予防するために予防接種があります。以前と比べてだいぶ種類が増えました。生後2ヶ月ほどから計画的に接種していかないと、間に合いません。予防接種に関するアドバイスも、当科の大切な業務です。


診療内容

小児科一般

  • 健康相談
  • 感染症
  • 予防接種
  • 健診
  • 周産期医療

専門外来

  • 循環器(先天性心疾患、川崎病、不整脈、学校心臓健診)
  • アレルギー(食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、気管支喘息)
  • 神経(てんかん、発達のフォロー、など)
  • 小児腎臓病(学校健診、ネフローゼ症候群、慢性腎炎)
  • 血液・腫瘍性疾患
  • 内分泌疾患(低身長、先天性代謝異常、甲状腺機能異常、糖尿病、など)
  • 心身症
  • 小児心理療法士による発達評価、知能テスト、カウンセリングなど

その他

  • 小児急患センター
  • 保健所での共同事業
  • 保健センターでの健診事業
  • 新川支援学校との連携

診療実績

入院・外来別延患者数(H27)
件数
入院延患者数 3,643
外来延患者数 15,995
  ・うち小児急患センター分 2,627
  ・3歳未満 1,109
  ・6歳未満 677
  ・12歳未満 637
  ・15歳未満 204

スタッフの紹介

氏名
役職名
専門分野
認定
篠崎健太郎
篠﨑 健太郎
小児科部長 小児科一般
小児腎臓病
日本小児科学会 小児科専門医
PALSプロバイダー
渡辺一洋
渡辺 一洋
小児科部長 小児科一般 日本小児科学会 小児科専門医
日本小児科学会 小児循環器専門医
中坪 久乃
中坪 久乃
小児科医長 小児科一般 日本小児科学会 小児科専門医
太田 安孝
太田 安孝
小児科医員 小児科一般  
平井 宏子
平井 宏子
小児科医員 小児科一般  

黒部市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション