本文へジャンプ

呼吸器外科

科の特徴

 胸腔鏡手術 リンパ節郭清を必要としない良性疾患に対してはもちろんのこと、肺癌でも小型の癌であれば内視鏡を併用した小さな開胸創で行う体への負担の少ない手術を行っています。縦隔腫瘍に関しても胸腔鏡手術の適応を検討します。

緩和医療

 手術・放射線治療・化学療法といった積極的な治療だけでなく、癌性疼痛を緩和したり、癌が原因で生ずる様々な苦痛や不安を緩和することを目的に行う治療です。

診療内容

主に、以下の疾患に対して診断・治療目的に検査・手術・処置を行います.

肺の悪性腫瘍

 肺癌は検診や人間ドックで発見されたり、他の疾患をきっかけに偶然発見される場合がほとんどです。
 当科ではがんの確定診断を目的とした気管支鏡や各種画像検査を行います。
 早期癌に対しては手術による治療を行います。 また進行肺癌に対しては手術と放射線療法や化学療法を組み合わせた集学的治療を行う場合もあります。

肺の良性腫瘍

 良性の腫瘍でも癌と区別の難しい場合や、ある程度大きいものは手術の対象となります。

良性肺疾患

 自然気胸に対してはドレナージ術(空気や胸水を排出する治療)や胸腔鏡手術を行っています。 外傷性血気胸に対してはドレナージを行います。

縦隔腫瘍

 胸腺腫や奇形腫などの縦隔腫瘍に対して手術を行います。
 さらに、肺癌術後の経過観察を厳重に行い、再発例に対しては再手術や集学的治療を行ったり、緩和医療も行います。


スタッフの紹介

氏名
役職名
専門分野
認定
稲田悠記
峠 正義
呼吸器外科非常勤医 呼吸器外科一般 呼吸器外科専門医合同委員会 専門医
日本外科学会 専門医
日本呼吸器内視鏡学会 専門医

黒部市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション