本文へジャンプ

血管外科

科の特徴

 名前は血管外科ですが血管内科でもあり、膠原病に伴う血管炎なども診ています。動脈硬化症の発症や進行を予防するために、運動療法、食事療法なども行っています。
 動脈閉塞症に対する血管内カテーテルによる拡張術や大動脈瘤に対するステントグラフト手術など、侵襲の少ない治療を心がけています。日帰り手術など外来で行える治療を行っています。

 解離性大動脈瘤など緊急で命に関わる病気の治療をします。 また、より歩けるようにする、足のむくみをとる、など生活の質を向上させる治療を行います。

 下肢動脈閉塞症に対する血管内治療 動脈硬化症が進むと足の動脈が狭くなったり詰まったりして足の痛みなどがでてきます。動脈の中に細い管を入れて狭い血管を広げたり、広げた所にステント(金属のわっか)をいれて固定したりします。 写真は骨盤の動脈の血管造影です。術前に右腸骨動脈に2箇所、左腸骨動脈に1箇所の狭い所があります(矢印)。バルーンカテーテルで拡張し、ステントを挿入してあります。術後に狭い所は無くなっています(矢印)。


骨盤の動脈の血管造影 


 また、太ももの動脈が狭くなっているときにも同様に治療できます。写真は右太ももの血管造影です。右大腿動脈の狭くなっている所にステントを入れて拡張しました(矢印)。狭い所は無くなっています。歩くと足が痛い、足がしびれる、足の色が変わってきた、足が冷たい、などの症状があるときは足の動脈が閉塞している可能性があります。黒部市民病院血管外科では閉塞している血管を診断し、血管内治療などを行っています。


右太ももの血管造影


診療内容

 血管(動脈、静脈、リンパ管)の病気を診ています。全身に血管はありますから、頭の先から足の先まで診ています。
 病気としては動脈硬化や血栓症、下肢の静脈瘤などを診ています。

動脈硬化症

動脈にコレステロールが沈着したりして生じます。血管が狭くなったり、閉塞したりすると心筋梗塞や脳梗塞の原因になります。外来で超音波検査や脈波伝達速度を測定することによって、動脈硬化の度合いを測ることができます。動脈の流れが悪くなったら、血管内治療やバイパス手術をします。

血栓症

足の動脈や静脈が血栓でつまったら、色が変わったり、痛みや腫れが生じます。薬で血栓を溶かしたり、手術で血栓を除去したりします。血栓のできやすい人には血液をさらさらにする薬を飲んでもらったりします。

下肢の静脈瘤

足の静脈がみみず腫れみたいになります。弾性ストッキングをはくと症状は楽になります。小さなものは硬化療法といって薬でつぶします。大きくなると手術をしたほうが良い結果が得られます。
また、次のような症状をみています。(参照:血管外科外来のご案内

手足の冷え

自律神経やホルモンが関係していることが多いようです。血管の病気で血液の流れの悪い人もいます。

手足のむくみ

心臓や腎臓、肝臓の病気でむくみがきます。静脈やリンパ管の流れが悪いと手足がむくみます。

手足のしびれ

糖尿病や坐骨神経痛が原因のことが多いのですが、動脈の流れが悪くても手足のしびれがきます。

歩くと足が痛い

足の動脈がつまって生じることがあります。

足の傷が治らない

糖尿病や動脈硬化症が原因のことがあります。しっかり治さないと足の切断にいたることがあります。


診療実績

主な疾患・手術件数(H27) 件数
内シャント 44
下肢静脈瘤 40
下肢動脈血管内治療 7
腹部大動脈瘤 6
血行再建 4
血栓除去 0

入院・外来別延患者数(H27) 件数
入院延患者数 1,932
外来延患者数 2,570

スタッフ紹介

氏名
役職名
専門分野
認定
浦山博
浦山 博
理事 
呼吸器血管外科部長
血管外科
胸部外科
日本外科学会 専門医・指導医
日本胸部外科学会 指導医
心臓血管外科専門医認定機構 心臓血管外科名誉専門医

黒部市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション