本文へジャンプ

ケアプラン策定

 入所者とのコミュニケーションを大切にし、一人一人が楽しく生きがいを持って「健やかで、穏やかな生活」をしていただけるように努力します。医師看護職員作業療法士介護職員支援相談員が、それぞれの専門的立場で、入所者の生活障害の程度に応じて、個別のケアプランを作成し、ケアサービスを提供し、少しでも生活ニーズに答えるようケアのクオリティ向上に努力しています。具体的には、国際標準のMDS-HC/CAPsをツールに在宅での課題を分析し、それぞれの専門スタッフが詳細検討を行い、お世話ではなく自立支援のための個別ケアプランを策定しています。
 基礎疾患のコントロールは、随時併設の黒部市民病院の専門医と相談しながら、病状の安定に努めています。また、療養中に病状が悪化・急変しても併設の黒部市民病院で最新の専門的治療を受けることができます。
 更に、在宅復帰後の介護者負担・不安や利用者の病状安定や生活のQOLを維持するために、黒部市民病院在宅介護支援センターのスタッフが、個人の生活障害や療養上の問題点に応じて、かかりつけ医、訪問看護ステーションや各種福祉サービスの紹介や仲介を致します。なお、かかりつけ医は、黒部市民病院の開放型病床と契約しており、在宅で急変しても、いつでも入院治療に万全を配されています。

黒部市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション