本文へジャンプ

地域医療保健室

 地域医療保健室は、平成3年4月に設置され、訪問看護や患者会支援、相談業務等幅広く活動しています。
 患者・家族の方々が安心して療養することができるよう次のような業務を行っています。

訪問看護事業(継続医療・看護)

看護内容

①病状の観察

体温、血圧、脈拍、呼吸の測定や疾病に応じた観察、指導

②日常生活上の看護

身体の清潔保持の援助、食生活の援助・栄養指導、排泄の援助、寝たきり・床ずれ予防の援助等

③主治医の指示に基づく医療処置・看護

胃瘻や経管栄養の管理、中心静脈栄養の管理、膀胱瘻や尿管カテーテル管理、在宅酸素療法や人工呼吸器装着患者の管理

④在宅リハビリテーション看護

日常生活動作の訓練、体位変換等

⑤認知症看護

認知症ケアと相談、悪化・事故防止

⑥介護・生活相談

☆訪問看護を受けるには、医師の指示書が必要です。当院通院以外の方でも、開放型病床に登録されている開業医の先生方からの依頼でお引き受けしています。


医療・福祉・保健総合相談窓口事業

患者会支援

  • 五葉会(糖尿病友の会)   
  • TRY(黒部市民病院ヤングDMの会
  • 富山小児、ヤング合同糖尿病委員会事務局

予防医学・啓蒙活動

  • 黒部からがんをなくす会支援(会員制がんドック)
  • 移動健康教室支援
  • 黒部市健康展支援
  • 糖尿病教室支援

黒部市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション