本文へジャンプ

在宅介護支援センター

 在宅介護支援センターは、平成2年4月に施行された高齢者介護の総合相談窓口です。 これは在宅介護で苦労している家族が、電話や訪問相談などでいつでも気軽に専門職に相談でき必要なサービスを受けられるよう調整する24時間の相談窓口です。

 当センターは黒部市民病院退院後の保健・医療・福祉の連携の要の役割を負っており、在宅で介護を必要とする老人・障害者やその家族に、保健・福祉・医療サービスを提供するために次のような業務を行っています。

入院中の患者さんに対して

  • フレンディーと協力して、退院時カンファレンスを主催
  • 担当医と協議し、居宅介護支援事業者・介護サービス事業者・施設への紹介・斡旋
  • 要介護認定の申請代行、要介護認定訪問調査、ケアプランの作成

地域住民(入院・外来患者様も含む)の方に対して

  • 介護の方法などの相談
  • 各種福祉サービスの説明と手続きの代行
  • 介護器具、用品の案内と斡旋
  • 要介護認定の申請代行、ケアプラン作成

相談時間

年中無休、24時間体制
時間内: TEL54-2211(内線2670)
時間外: 地域救命センターへ


依頼を受けた支援センターの職員(社会福祉士・看護師)は、必要な事例には直接家庭に出向いて相談に応じ、事例検討会を通して医療・保健・福祉の橋渡しをしています。

黒部市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション