本文へジャンプ

平成29年6月 糖尿病から逃げないで!

黒部市民病院 糖尿病・内分泌内科部長
吉澤 都 医師

 

 糖尿病治療の目的は「健康な人と変わらない健康寿命と生活の質を維持すること」です。

 糖尿病は発症早期から適切に血糖管理を行えば合併症の発症も防ぐことができる病気ですが一方、糖尿病とともに生きる日々に休みはなく、患者さんは常に糖尿病と向き合っていなければならないためストレスがたまりやすいのも特徴です。その結果、医療機関に行くことをためらったり、通院を途中でやめてしまったりすることが多いことが問題となっています。

 「自分が糖尿病である」という事実から逃げず、まずは高血糖の原因となる悪い生活習慣を見出し、一つずつできることから取り組み、結果がすぐに出なくても落胆せず、辛抱強く前向きに努力し続けることが大切です。

 当院には糖尿病療養生活を支えるための診療チームがあります。患者さん一人一人の糖尿病のタイプや年齢、社会的背景、家族によるサポートなどを総合的に評価し、最適な治療を行うことを心がけています。



【関連部署】
糖尿病・内分泌内科

黒部市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション