本文へジャンプ

令和元年11月 緩和ケアについて

黒部市民病院 かんわ支援室看護師長
細見 由加里 看護師


 緩和ケアは、がん患者さんやそのご家族を支える医療です。体や気持ち、そして、日常生活の不安やつらさができるだけ緩和されるようにお手伝いをします。
 がんの療養中は、痛みや吐き気、食欲低下、息苦しさ、だるさなどの体の不調、気分の落ち込みや絶望感などの心の問題が患者さんの日常生活を妨げることがあります。また、仕事の問題、家庭の問題、経済的問題などの苦痛も発生することがあります。
 以前は有効な治療法がなくなった場合に、終末期医療として行われるのが緩和ケアと考えられていましたが、最近では「がん」と診断された時から、病気の時期に関係なく、患者さんとご家族を支援し療養生活の質をよりよいものにしていく取り組みを緩和ケアといいます。
 当院の緩和ケアチームは体と心のつらさなどのほか、患者さんの社会生活やご家族を含めたサポートを行うためにさまざまな職種のメンバーがいます。緩和ケアについて話を聞きたい、緩和ケアを受けたいときには、担当医や看護師に相談してみましょう。


【関連部署】
がん相談支援センター

黒部市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション