本文へジャンプ

平成30年4月 無痛分娩について

黒部市民病院  産婦人科部長
周産期母子医療センター長  八十島 邦昭 医師


 お産は痛いのが当たり前、陣痛は我慢すべきものと思っていませんか? 米国などでは当たり前のお産の方法として行われている無痛分娩ですが、陣痛の痛みに耐えてこそ一人前のママになれるという風潮の日本では、まだまだ普及しているとはいえません。無痛分娩による医療事故などのマスコミ報道もありますが、その多くは個人医の分娩施設で起こっています。
 当院ではこれまでも無痛分娩を希望する産婦さんに対して、和痛分娩(いわゆる無痛分娩)を行ってきましたが、都会からの里帰りで無痛分娩を希望される妊産婦さんのニーズに応えるべく、本年4月から、麻酔科医師の協力のもと、より本格的な硬膜外無痛分娩を取り入れていくことになりました。原則予約制で、出産日をあらかじめ決め、計画分娩の形をとって、十分な監視体制のもと、安全第一で開始いたします。無痛分娩の詳細に関しては、今後病院HPなどで情報発信していく予定です。


【関連部署】
産婦人科

黒部市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション