本文へジャンプ

令和2年8月『膝に水がたまる?』『水をぬくと癖になる?』

黒部市民病院 整形外科部長
 徳永 綾乃 医師


 膝に関するよくある質問を紹介します。膝が痛くて病院を受診した際に、「水がたまっていますね」と言われたことがある方がいらっしゃると思います。
 膝に水がたまるのは、なぜでしょうか?膝関節には、関節がなめらかに動くために必要な関節液とよばれる液体、つまり水があります。痛くない膝の場合、関節液は数mlなので膝を触ってもわからない程度です。しかし、けがをした時や、年齢の変化で膝が痛んでしまうと膝の中に炎症が起きます。炎症が起きると膝が痛くなり、関節液がたまり、膝が腫れてきます。このことを一般に「膝に水がたまる」と言います。治療のためには、注射器で水を抜いたり、薬を関節に入れたりします。このとき「水を抜くと癖になると聞いたけど本当ですか」という質問をされることがあります。答えは、「癖にはなりません」です。しかしながら、膝の炎症が治まらないと水がたまる状態が続くことがあり、その場合は水を抜くことを繰り返すことなります。そのため「癖になる」と思われていると考えられます。膝が痛いときは、炎症を治めること=水がたまらなくなることを目指して治療をします。


【関連部署】
整形外科

黒部市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション