黒部市民病院 看護部についてのサイトです

お問合せ

看護部について

充実した教育体制を整え、みなさんの成長を支援します

 
看護部長
看護部長
田中 佳子

当院は急性期医療における地域の中核病院として、皆様に愛され選ばれる病院を目指し努力を重ねています。全職員がチーム医療の推進に力をつくしており、そのような中において、看護に求められる役割も大きく、一人ひとりの看護師が着実に育ち、その力を発揮できる環境が整っています。看護部においても「地域の皆様に信頼される看護の提供」を基本としており地域の皆様の期待と信頼に応えるために、また、自分たちの目指す看護を実現するために、教育体制の整備は重要な要素の一つと考えています。
教育専門の看護師長を配置し、新人看護師を育てることと、中堅者の教育活動を支援することに重点を置いています。新人教育については、研修責任者を中心に、所属部署では教育担当者と実地指導者がサポートしています。
黒部市民病院で働きたいと思う看護学生や看護職の方、病院見学から始めてみませんか。ぜひお越しください。お待ちしています。

看護部の理念

地域の皆様に信頼される看護を提供するためにやさしさと思いやりのある看護、みて触れて考える看護を実践します。

看護部方針

  1. 看護者の倫理綱領に基づき患者の生命と尊厳および権利を大切にします。
  2. 安全で安心できる看護を提供します。
  3. 専門職業人としての自覚を持ち看護実践能力の向上に努めます。
  4. 医療チームの一員として看護の力が発揮できるよう自己研鑽に努めます。
  5. 看護の立場で病院経営に参画します。
  6. 7:1看護体制の維持に向け人材確保と定着に取り組みます。

看護部目標

  1. 患者確認を確実に行い、安心・安全な看護を実践します。
  2. 看護の専門性を発揮し、チーム医療に参画します。
  3. WLB推進に向けて看護職一人ひとりが”お互い様精神”を培い働きやすく、働き続けられる職場を作ります。

看護部組織

病床数
414床、31診療科
看護単位
7病棟、集中治療棟、手術室、腎センター、外来、地域連携室
勤務体系
1日7時間45分
(週40時間以内の3交代制)

看護体制

7:1看護体制(7:1入院基本料)
(平成28年12月1日、10:1看護体制から移行)

看護方式

固定チームナーシング方式