本文へジャンプ

私のやりがい10


私のやりがい10

海野彩香


  • 看護師が中心となって医師や薬剤師、緩和ケアチームの臨床心理士などの様々な医療スタッフと連携を図り、患者さんが自身の不安な気持ちを表出し、治療に臨むことができるように関われること
  • 最期まで、その人らしく生きるために患者さんがなにを望んでいるのかを一緒に考え、支援していくことができること
  • 患者さんやその家族から「ありがとう。」「あなたの言葉に救われた。」といった言葉をいただけたとき、自分自身が提供してきたケアが患者さんや家族の方のためになっていたと感じる
  • 入院時辛そうにしていた患者さんが笑顔で退院されたとき
  • 患者さんと接していく中で、患者さんとの信頼関係を築けたとき
  • 看護師としてのいろいろなスキルが身についたとき
  • 医師や看護師などのスタッフが一丸となって治療にあたり、チームワークを感じられる
  • 先輩や同僚から頼られると、自分の成長を実感できる
  • 給与明細を見て、頑張った分の給与が振り込まれていたとき
  • 研修会や講演会に参加して、医療に関する知識が増えたとき

作業風景

村田万菜


  • 患者やその家族に「ありがとう」と感謝されたとき
  • 患者の容態の異変に気づき、対処できたとき
  • 実際に自分の目で看て、患者のニーズに添って看護を実践できたとき
  • 患者が名前を覚えていてくれたとき
  • 他職種が連携して退院支援しているとき
  • 交代勤務を通して、患者の状態が把握できたとき
  • 先輩・後輩と一緒に仕事しているとき
  • 研修や勉強会を通して、知識や情報を吸収できたとき
  • サバチカル休暇でリフレッシュできたとき
  • 給料が入ったとき

作業風景

宮本美樹


  • 患者の蘇生に成功した時
  • 患者の病状が改善した時
  • 患者・家族に感謝された時
  • 先輩、同僚から頼られ、認められた時
  • 自分自身の成長を実感できた時
  • サバティカル休暇でリフレッシュした時
  • チームの一員として頑張れた時
  • 後輩看護師が成長した時
  • 患者が元気に退院された時
  • 給料をもらった時

作業風景

竹中基泰


  • 理学療法士として、自分が学んできた知識、技術で治療できる
  • 人と人との関わりあいの仕事なので、人間的に成長できる
  • 自分の考え方が正しければ、患者様をよりよい方向へ導くことができる
  • 勉強会や講習会に参加し、知的好奇心を満たすことができる
  • 素晴らしい仲間とともに仕事ができる
  • 他職種との関わりあいをもつことができ、患者様を多角的に接することができる
  • 地域住民と深く関わり、地域に貢献できる
  • 高齢者に対しては、自宅復帰、趣味の再開に向けた関わりあいをもてる
  • 若年者に対しては、スポーツ復帰に向けた関わりあいをもてる
  • 中高年者に対しては、仕事復帰や家庭内活動に向けた関わりあいをもてる

作業風景

油本千尋


  • 外来の相談業務や糖尿病教室の指導で患者さんの「なるほど納得!」と理解したよう な顔がみれたとき
  • 訪問看護の患者さんを中心にケアマネさんや他の事業のスタッフと良い連携がとれたとき
  • 子どもが急に風邪をひいて保育園に行けなさそうなどきに「さくらんぼ」の病後保育でみてもらえること
  • 糖尿病患者会「五葉会」の行事で会員さんたちが楽しんでいる姿をみれたとき
  • 平日の時間外業務が少なく、早く家に帰ることができること
  • 子どもの保育園の行事に合わせて休みがとれるので子どものイベントに参加しやすい
  • 仕事で不安な事や疑問があればさまざまな職種の人に相談しやすい。
  • 研修会や勉強会の参加で自分の知識が増えたなと思うとき
  • 患者さんに名前を憶えてもらったり、頼りにされたり、笑顔をみれたとき
  • サバチカル休暇で連休がとれるので、家族でお出かけしやすい。

作業風景

高村麻美


  • 患者さんの病気の早期発見や診断の役に立てたとき
  • 患者さんとのコミュニケーションで、患者さんの不安を和らげることができたとき
  • 検査後に患者さんから「ありがとう」と声をかけてもらえたとき
  • 総合病院であり、様々な症例の検査を経験できるので、常に勉強になること
  • CT、MRI、核医学、治療など各分野に専門的に従事することで、より深い知識や技術 を身に付けることができること
  • 医師、看護師、他のコメディカルと連携し、チーム医療の一員として働いているという誇りを持てる環境であること
  • 優しく、頼りになる先輩方が多く、わからない事や困ったことがあったときに相談しやすい環境であること
  • 院外の勉強会や学会に参加しやすい環境であること
  • サバチカル休暇、夏季休暇があり、リフレッシュできること
  • 院内研修会やサマーフェスタ、忘年パーティなど、病院全体で交流できる機会が多いこと

作業風景

 

黒部市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション