本文へジャンプ

野球肘

野球肘を正しく知って 早く治して早く復帰!正しく予防しよう!

野球肘の種類

グローブ
「野球肘」と言っても、いくつかの種類があり治療方法が全く違います。休むのではなくストレッチなどをした方が早くなおるもの。関節鏡などの侵襲の少ない新しい治療法で治せ早期に試合復帰できるもの、など様々です。「野球肘ですね。休みましょう」という選択肢はありません。待っていれば治る、と言うものではないのです。  
 まずは早急にどのタイプの野球肘かを診断して、適切な治療方法を早く選択し開始することが必要です。

 

野球肘には「外側型」「内側型」「後方型」があります。

(1)外側型野球肘 

外側野球肘


「外側型野球肘」は離断性骨軟骨炎とも呼ばれるタイプで、肘の曲がる部分の軟骨を痛めてしまうタイプの野球肘です。ほとんどが小学校時に発生し、治しておかないと肘の変形や曲げ伸ばしの障害が進行しやすく、スポーツ選手の将来を大きく左右してしまうものなのです。

このタイプはほとんどが小学校で発生しています。

 

スポーツ肘障害
 グラフは年代別で「どのタイプの野球肘が多いのか」をみたものです。
赤い部分が「外側型野球肘」ですが、小学生受診者の3分の1近くが「外側型野球肘」なのです
 早期に発見できれば問題なく直るのですが、高校になるまで放っておくとせっかく技術が上達しても、スポーツを断念しなくてはならない場合があり、肘が続くときには「外側型野球肘」かどうかの早期発見早期治療がとても大切なのです。

外側型野球肘かどうか?を正確に知る方法

 外側型野球肘の初期はX線ではわかりません。早期発見に威力があるのは、エコー(超音波診断)です。
逆に言えばエコーで異常なければ 外側型の可能性は低いので安心してよい、ということです

超音波による離断性骨軟骨炎の識別

関節軟骨表面

A の写真では B の写真で丸く写っている部分が凸凹になっていますね
これは、関節軟骨表面が痛んでいることを示すものです。

 

 

 

 

また、私たちの研究で、X 線で軽症に見えても、実際には重症で早く術をすべき、という例が多く見られることがわかりました。肘のOCDのMRI「外側型野球肘」での不安定型は いくら安静にしていても治りません。無駄に時間を過ごしてしまうことにもなりかねないのです。手術をすべきかどうかの判断は、MRI 検査で行えます。

外側型野球肘に対する手術方法

 MRI 検査などで、不安定型と判断された外側型野球肘に対する手術方法には以下のようなものがあります。

離断性骨軟骨炎に対する手術(1)骨切り法

 古くから行われている方法で、痛んだ部分にあたり力を減らすため、骨を切って関節面をずらしてスクリューなどで止め直す方法です。病変部分の治癒は良好ですが、切開手術のため傷が大きく、スポーツ復帰には1年近い長時間のリハビリ期間を要し、復帰自体ができない例もあります。

(2)関節鏡視下小頭郭清/ドリリング法

 当院で最も行われている方法です。約4ミリのわずかな切開で、関節を用いて、痛んで不安定になってしまった骨や軟骨部分、剥がれた部分を摘出、母床部分を郭清し、そこに1ミリ程のドリルを10カ所ほど作成し、骨髄部分から修復能力の高い細胞や成分を関節面部分に誘導し再生修復させる方法です。
2〜4ヶ月で投球に復帰します。年齢が低いほど修復が良好です。


肘関節鏡手術 離断性骨軟骨炎に対する手術

11歳野球


(3)骨軟骨移植

離断性骨軟骨炎に対する手術 痛んでいる部分が広い場合や学年が高い場合には(2)の手術では修復が見込めない場合があります。このようなときには、からだの他の関節から関節軟骨と骨の小さな柱を採取して埋め込みます。クッキーの型抜きのような道具を使用します。この手術も関節鏡で行うことができます。

※黄色い矢印は移植された部分です


(2)内側型野球肘

内側型野球肘 肘が痛い、といって来院されるスポーツ選手の中で一番多いものです。
内側型野球肘は肘の内側に原因がある野球肘ですが、その大多数は肘の内側の骨につく腱や筋のタイトネスによるものでストレッチ不足やフォームの異常が元になっています。
MRI 投球動作では肘より先の前腕部分が外側に曲がるような力がかかります。そのため、MRI 検査で骨の部分が異常輝度で写ったりする場合がありますが、ストレッチとフォーム矯正で痛みがとれて行く例が多いです。
安静にしていても治るわけではなく。これらの実践が必要です。
 靭帯が切れてしまい外側に不安定になっているものは、靭帯再建手術を行う場合もあります。これは超音波検査やMRI で判定することができます。


(3)後方型野球肘

 スポーツにより肘の後方を痛めるパターンには、「上腕の後ろの筋にひっぱられておきるもの」「肘がのびるときに骨同志がぶつかっておきるもの」

後方型野球肘
上腕の後ろの筋にひっぱられておきるもの引っ張られる部分の「腱の炎症」や肘の後ろの骨が引き離されてしまう「疲労骨折」が起きる場合があります。

後方型野球肘MRI

矢印の部分に離開した部分がみえます

後方型野球肘肘がのびるときに骨同志がぶつかっておきるもの
肘を伸ばす動作を繰り返すことで骨同志が衝突し骨のかけらができたり、反応性に骨がコブ状になって曲げ伸ばしが徐々にできなくなってしまうもの」があります。

後方型野球肘

  • 離断性骨軟骨炎の原因野球肘は野球以外でも発生します。
  • 外側型野球肘(離断性骨軟骨炎)や内側型野球肘の原因は、単なる投げ過ぎではありません。
    フォームが悪い選手肩や股の固い選手や肘のストレッチを毎日していない選手に多く見られます。
    したがって、野球肘を予防するためにも、日頃から 肩や股関節のストレッチをきちんと続けることが重要です。

早期発見しましょう

グローブ(1)以下の時にはスポーツドクターへ受診しましょう

  • 肘の曲げ伸ばし角度が悪くなった
  • 肘の痛みが3週間以上続いている
  • 引っかかる感じがする

(2)定期的に検診を受けましょう


予防のための試合規則を確認しましょう

  • 1日2試合連投の禁止
  • 投球イニング数の制限

予防のためのストレッチトレーニングをしましょう

  • 正しいフォーム
  • コアマッスルの強化メニュー
  • 股関節の柔軟性
  • 肩のストレッチ
  • 肘のストレッチ

黒部市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション