本文へジャンプ

神経内科

診療内容

神経内科とはどのような科なのか

 神経とは、脳からの命令が末梢へ伝わる経路、また末梢からの情報が脳へ伝わる経路です。神経内科は、脳から末梢にいたるこの経路のどこかに障害が起こった際に、原因を調べ診断し治療を行う科です。

どんな症状を診るところなのか

 神経内科の外来を受診される方の症状で多いのは、頭痛、めまい、手足のしびれや脱力感、ろれつが回らない、ものが見にくい、などの症状です。
 眠れない、いらいらする、神経が高ぶっている、何をする気力も起こらない、といったような症状の方も受診されることがありますが、お話を聞いて適切な判断をして、専門の科へ紹介しています。

神経内科ではどんな病気を診療しているのか

神経内科では脳から末梢神経、筋肉の病気まで次のような病気を診療しています。


    1. 脳血管障害 : 主に脳梗塞
    2. 中枢神経の感染症 : 脳炎、髄膜炎など
    3. 脱髄疾患 : 多発性硬化症など
    4. 神経の変性疾患 : パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症など
    5. 機能性疾患:頭痛(緊張型頭痛、片頭痛など)、めまい、てんかんなど
    6. 不随意運動:手足のふるえなど
    7. 脊椎・脊髄疾患:脊髄炎、変形性脊椎症など
    8. 末梢神経疾患: 神経炎、ギラン・バレー症候群など
    9. 筋疾患:重症筋無力症、多発筋炎など
      このような病気の中で、外科的治療が必要と思われる場合には、それぞれの専門科(脳神経外科や整形外科など)へ紹介しています。

脳卒中になったら、脳神経外科と神経内科のどちらを受診したら良いのか

 どちらの科も脳卒中を専門としています。
 ただ診療科の名前からわかるように、神経内科は薬物治療が主体であり、脳神経外科は薬物治療に加え外科的な治療(手術など)を行います。したがって薬物治療が主体となる脳梗塞の場合は、どちらの科でも同じ治療を受けることができます。手術の必要なくも膜下出血や脳出血などは脳神経外科で治療を行うことが多いです。
 脳梗塞で血栓溶解術が必要な場合には、脳神経外科のスタッフと協力して治療を行っています。

診療実績

入院・外来別延患者数(H27)
件数
入院延患者数 1,832
外来延患者数 2,746


スタッフ紹介

氏名
役職名
専門分野
認定
新井裕一
新井 裕一
神経内科部長 神経内科一般(特に脳血管障害、
神経変性疾患など)
日本神経学会専門医・指導医
日本内科学会認定内科医
※日本神経学会認定 準教育施設

黒部市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション