本文へジャンプ

形成外科

診療内容

形成外科とは?

  体表に生じた変形や異常を、機能と形態の両面から治療する外科系の専門領域です。
 身体の表面に異常がある疾患を対象として、より正常に、より美しく治します。
身体の表面というと、頭のてっぺんから足の先まですべての範囲であり、治療を行う疾患は多岐にわたります。 具体的には、以下の疾患が対象となります。


外表の先天異常

 母斑症(ほくろなど)、口唇口蓋裂、耳介変形(小耳症、埋没耳、立ち耳、副耳など)、手足の先天異常(合指症、多指症など)、臍ヘルニア、眼瞼下垂症、副乳、陥没乳頭など

皮膚、軟部組織腫瘍(基本的に手術により治療)

 良性腫瘍:粉瘤、脂肪腫,ガングリオン,疣贅(いぼ)、胼胝(たこ)、鶏眼(魚の目)など
 悪性腫瘍:基底細胞癌、有棘細胞癌、悪性黒色腫、Paget病など 腫瘍切除後の皮膚・軟部組織欠損 頭頚部、乳房、体幹、手足など、すべての腫瘍切除後の皮膚-軟部組織欠損

顔面骨骨折および顔面軟部組織損傷

 鼻骨骨折、頬骨骨折、眼窩骨折、上下顎骨折などの顔面骨骨折
 顔面神経損傷、涙道損傷、唾液腺損傷などの軟部組織損傷

皮膚および皮下組織の外傷

 皮膚欠損、裂創(裂けた傷)、挫創(つぶされた傷)、切創(きり傷)など
皮膚や皮下組織の傷全般

熱傷および外傷性瘢痕(傷あと)、ケロイド

 皮膚の傷あと、ひきつれ、変形

軟治性潰瘍、褥瘡

 手術後潰瘍、下腿潰瘍、糖尿病性潰瘍、熱傷潰瘍、床ずれ

その他

 腋臭症(わきが)、陥入爪、巻き爪、眼瞼下垂症、睫毛内反症など
  当科では、特に創傷(きず)、皮膚・皮下腫瘍(できもの、しこり)の治療に力を注いでいます。
 きれいに傷を治す、治りにくい傷を治すことを目的とし、様々な専門的手技や、最先端の薬剤・治療材料を用いて治療しています。
 腫瘍に対しては、当院だけでなく近隣の皮膚科医とも密に連携し,多くの手術を行っています。
 傷ができた場合、傷がなかなか治らない場合,皮膚のできもの・しこりに気がついた場合は、形成外科を受診して下さい。
 また、当科では乳房再建も積極的に行っています。
 乳房再建とは、乳がん手術で失った乳房を手術で取り戻すことです。
 その方法は大きく分けて、身体の一部を移植する(筋皮弁法)方法と、人工乳房を用いる(インプラント法)方法があります。
 インプラント法は、身体に新たな傷を作らないため、手術の負担が少ないという利点があります。
 当科では、乳腺外科医と連携し、筋皮弁法、インプラント法のどちらにも対応しており、患者さまの希望に沿って、治療しています。

1人で悩まず、われわれに相談して下さい。

診療実績

主な疾患・手術件数(H26)
件数
手・足の先天異常、外傷 258
その他の先天異常 3
母斑、血管腫、良性腫瘍(非観血的治療含む) 97
悪性腫瘍およびそれに関連する再建 23
瘢痕、瘢痕拘縮、ケロイド 16
褥瘡、難治性潰瘍 8
熱傷 2
眼瞼下垂 10

 

入院・外来別延患者数(H26)
件数
入院延患者数  756
外来延患者数  5,533

 


スタッフの紹介

氏名
役職名
専門分野
認定
杉下和之
杉下 和之
形成外科医長 形成外科一般 日本形成外科学会 専門医

黒部市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション