本文へジャンプ

関節スポーツ外来

科の特徴

 当科は、「肩」と「肘」を中心に、スポーツ障害や労作障害に対して、最先端の診断と治療を特化して行っている科です。併設する臨床スポーツ医学センターと共に診断治療リハビリにあたるユニークなシステムで、関東/関西など県外からも多くの方が受診されています。

 「真のスポーツドクターは、安易に「様子を見ましょう」「休みましょう」というべきではない」、「できる限り休ませないで治療を進める。」というのが当科の一貫したポリシーです。

 スポーツ障害による肩肘の障害には、トレーニングやストレッチの不足や方法の誤り、不適切なフォームが原因になっている場合も多く、これらを正すことで長時間苦しんでいた痛みが解決することも少なくありません。運動理論/トレーニング理論に詳しいトレーナースタッフとともに実際に運動動作をとってもらい、動画撮影や各種測定機器を用いて障害の原因を分析し、フォーム矯正やトレーニングメニューの作成を行っています。
 治療方法の選択に当たっては、各自の目標とする試合日程とレベルを、本人、保護者、チームと充分に相談して決定します。
 保存療法を選択する場合でも、最新の学会などで有効性が確認されたものを取り入れています。
 手術は、スポーツパフォーマンスをできるだけ下げずに早期復帰でき、しかも切開手術よりもよい効果を望める低侵襲手術を関節鏡を用いて行っています。外部より多くの医師がその手技を学びに来ています。
 術後療法も通常のリハビリ以外に競技復帰のためのアスレティックリハビリも併行して行います。


診療内容

対象とする主な疾患(疑いを含む)

 肩:腱板損傷、反復性肩関節脱臼・亜脱臼、投球障害肩、SLAP損傷   
 肘:野球肘、離断性骨軟骨炎、関節ねずみ    
 膝:足のスポーツ障害


各疾患の治療についてはこちらから


外来診察 初めての方は、クリニックなどの医師、学校医、競技チーム指導者あるいは
 チームトレーナー、チームドクターの紹介状が必要です。
・一人当たりの時間を確保するため、再診の方も完全予約制になっています。
 必ずご連絡を御願いします。
手術治療 ・肩関節鏡手術 年間約50件(出張手術をのぞく)
・肘関節鏡手術 年間約40件(出張手術をのぞく)
・その他 膝靭帯再建、半月縫合、足関節鏡手術など 年間約30件
※当院での手術可能件数は年間約120 件となっており、予定手術は1〜2ヶ月待ちの状況です。
ご了承ください。
※執刀、リハビリ体制が整備されている他の病院で出張手術を行う場合もあります

 

スタッフ紹介

氏名
役職名
専門分野
認定
根塚 武
酒井 清司
整形外科部長
臨床スポーツ医学センター所長
肩関節
リウマチ
日本整形外科学会 専門医
日本リウマチ学会 専門医
日本体育協会公認スポーツドクター

長崎 成良
臨床スポーツ医学センター係長
健康運動指導士
富山大学非常勤講師

 

 

黒部市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション