本文へジャンプ

第4回 医療交流(2004年11月1日-2004年11月10日)

第4回米国指導医としてT. J.リン先生と奥様が来日されました。

メーコン黒部医療交流の立役者、リン先生ご夫妻の来院は昨年9月に続き、2回目。滞在期間中、「閉経後のホルモン療法について」と題し、全職員を対象とした講演を行われました。医局での早朝講義ではご自分の経験をふまえ、米国の医療と研修について話されました。また、今後の医療交流についての話し合いも行われ、2005年10月頃から各研修医が1ヵ月交替で中央ジョージア医療センターにて研修を行う運びとなりました。

 
記念植樹と記念撮影

黒部市民病院の感想

黒部市民病院の方々は非常に友好的で、礼儀正しいです。病院は清潔で、整然としており、効率的に配置されています。また、とても近代的で、設備が十分に整っています。

黒部市民病院は臨床研修を行う教育施設としての基準が高く、非常に適した環境であるというのが、私の意見です。

 
全職員を対象に院内講演が行われました(左)、医療局全体を対象としたレクチャー (右)

黒部市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション