本文へジャンプ

第9回 医療交流(2005年10月12日-2005年10月26日)

第9回米国指導医としてT.J.リン先生とご子息のジェームス・リン先生と奥様が来日されました。

研修センターで早朝講義を行い、主に産婦人科にて病棟回診を行いました。また、医療局では、骨粗鬆症をテーマとした講演を行いました。

 
早朝講義

黒部市民病院の感想

黒部市民病院は非常に組織的で、円滑に運営されています。全員にやる気があり、責任が非常に明確であるように見受けられました。

黒部市民病院、黒部市、日本など全てにあてはまるかどうかは分かりませんが、米国でこのような水準の病院を見たことがありません。病院スタッフ全員のプロ意識の高さに起因しているのだと思います。賞賛に値し、羨ましい限りです。

いつの日か再び戻って来たいと思っています。美希(奥様)も黒部がとても気に入りましたと、私に話していました。

 
産婦人科での症例検討(左)、小児科での症例検討(右)

 
院内講演

黒部市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション