本文へジャンプ

薬剤科

薬剤科 薬剤科では調剤、注射、医薬品情報管理、病棟業務、チーム医療、高カロリー輸液や抗ガン剤の無菌調製、治験管理業務などを行っています。安心、安全な質の高い医療の提供のため、医薬品の管理・適正使用の推進に日々努めています。


業務紹介 チーム医療 資格・認定 患者さんへ

業務紹介

調剤業務

 入院・外来処方について、処方せんに基づき調剤を行います。疑問点がある場合には医師に疑義照会を行った上で調剤します。腎機能などの採血データを確認し、投与量に問題はないか、休薬が必要な薬剤(抗がん剤等)は、正しく休薬されているか、相互作用や重複投与はないかなどをチェックしています。薬剤師による監査はもちろんのこと、処方監査システムや調剤監査システムを導入し、調剤過誤のないよう対策を行っています。 また、おくすり相談窓口では、患者さんからのお薬に関する質問や相談を受けています。


 

注射業務

注射薬払出業務

 注射処方せんに基づき、患者さん毎に一施用セットを行っています。その際、投与速度、投与経路、相互作用をチェックし、疑問点がある場合には医師への問い合わせを行います。特に、抗がん剤はプロトコールに準じて医師が処方しているかどうか厳密に確認を行っています。配合変化など、看護師からの問い合わせにも対応しています。


 

無菌調製・化学療法混合調製業務

 厳格に管理されたクリーンルームで調製を行います。特に高カロリー輸液は細菌汚染されやすく感染のリスクとなるため、クリーンベンチを用いて無菌調製を行っています。抗がん剤は、調製者の被ばくを防ぐために、ガウンを着用し、安全キャビネット内で調製を行います。揮発性薬剤には閉鎖式接続器具を用いています。また、調製監査システムを導入し、調剤過誤のないよう対策を行っています。


 

麻薬管理業務

 疼痛管理や手術時に用いられる医療用麻薬は、麻薬という性質上、法律で取扱いや保管方法が厳しく規制されており、適正な管理が必要です。この医療用麻薬の購入から施用、残薬の廃棄にいたるまで、薬剤師が管理を行っています。

院内製剤業務

 一般に販売されている薬剤では十分に対応できないといった場合に、病院内で調製する薬剤です。医師の依頼に基づき、病院内で審査・承認を受け調製しています。


 

医薬品情報業務

 医薬品の安全性や適正使用に関して情報を収集・分析し、医師・看護師などの医療スタッフや患者さんに提供しています。

治験業務

 治験とは、患者さんの協力のもと、新しい薬剤の候補について安全性と有効性を検討する試験のことです。治験が適切かつ安全に行われるように治験薬および治験関係資料の管理を行っています。また、患者さんが安心して治験に参加できるように、治験コーディネーター(CRC)がさまざまなサポートをしています。

病棟業務

 入院患者さんの薬剤管理全般を担います。持参薬の確認、相互作用や重複投与はもちろんのこと、腎機能や既往歴などを確認し、投与薬剤や投与量は適正であるかを考察します。医師・看護師からの問い合わせに対応し、より適切な薬物療法の提案を行っています。患者さんに効果・副作用、正しい服用方法などの情報を提供し、患者さんのアドヒアランス向上に努めています。検査データの確認や定期的な面談を行い、副作用の早期発見にも努めています。


 

チーム医療・資格・認定

チーム医療業務

 当院には、感染制御・化学療法・緩和・栄養サポート・褥瘡・糖尿病などさまざまなチーム医療があります。薬剤選択や治療についてチーム医療の一員として医師や看護師、他のコメディカルとディスカッションを行い、患者さんにとって最適な治療となるようサポートしています。


チーム医療
チーム活動・薬剤師の役割
関連資格・認定
がん化学療法
チーム
カンファレンスに参加し、化学療法レジメンの作成・管理に携わっています。患者さんの体重、体表面積、臨床検査値、アレルギー歴等の基本情報を基に投与量や投与スケジュールの確認を行っています。また、抗がん剤の効果や副作用とその対応について患者さんにパンフレットを用いながら説明をしています。 がん薬物療法
認定薬剤師 (1名)
かんわサポート
チーム
入院・外来患者さんの身体的苦痛、精神的苦痛、社会的苦痛など様々な苦痛を和らげることを目的とした専門チームです。患者さんや家族に薬物療法のアドバイスや指導を行っています。また、医療者に対して専門的なアドバイスを行っています。  
感染制御チーム(ICT) 薬剤師が行うICT活動として、当院では主に抗菌薬使用量の集計や特定抗菌薬届出の推進を行うことに加えて、毎週のICTラウンドへの参加があります。また、抗菌薬適正使用の観点から、当院で定めた特定抗菌薬の使用患者を全例把握し、不適切な使用量や投与期間、感受性試験の結果に合致しない抗菌薬の選択がされている場合には、直接主治医に抗菌薬等の提案や協議を行っています。  
栄養サポート
チーム(NST)
週2回の病棟ラウンドに参加しています。医師・管理栄養士らと共に対象患者さんの栄養状態・栄養療法について評価を行い、その改善に向けた提案を行っています。 NST
専門療法士(2名)
褥そうチーム 月2回病棟ラウンドに参加しています。医師、看護師、管理栄養士、理学療法士らとともに、入院患者さんの皮膚状態を確認して改善に向けて話し合っています。また、月1回症例検討や勉強会を開いて知識を深めています。  
糖尿病チーム 週1回病棟ラウンドに参加し、入院患者さんの血糖コントロールの問題点や改善点を協議し、糖尿病教育を進めます。薬剤の副作用や副作用予防策の説明、インスリンの自己注射手技指導等を行っています。 糖尿病
療養指導士 (1名)


●その他の資格・認定

資格・認定
詳細
日本薬剤師研修センター
認定薬剤師(3名)
日本薬剤師研修センターの定める認定。一定期間内に所定の単位を取得した薬剤師。
生涯研修履修認定薬剤師
(1名)
日本病院薬剤師会の定める認定。一定期間内に所定の単位を取得した薬剤師。
認定実務実習指導薬剤師
(3名)
薬学生の病院実習を始め、薬剤師研修生の受入れを実施しています。
公認スポーツファーマシスト(1名) 最新のドーピング防止規制に関する情報・知識を持ち、競技者に薬の正しい使い方の指導を行います。
DMAT(災害派遣医療チーム)(1名) 大規模災害や多傷病者発生事故の現場などで、急性期(おおむね48時間以内)に活動します。

患者さんへ

外来患者さんへ

 当院の外来処方については、原則として院外処方となっております。 ご理解とご協力をお願い致します。


●院外処方

診察後に診療科で院外処方を受け取ってください

矢印↓

中央受付で清算後、院外処方せんファックスコーナーで街の保険薬局をご案内します

矢印↓

街の保険薬局へ院外処方せんを持参していただきお薬を受け取ってください



院外処方の利点と注意点について

利 点
処方されたお薬についての詳しい説明を受けられ、安心してお薬を受け取る事ができます。
かかりつけ薬局を決めていただくことで、今までに服用、使用したお薬も含めまた他の医療機関のお薬についても管理されアレルギーや相互作用、重複投与などのチェックが行われます。
事前にファックスで処方内容を街の保険薬局にお送りできますので、待ち時間がより短くなります。院外処方せんファックスコーナーで保険薬局の紹介をしていますのでご相談ください。
注意点
院外処方せんの有効期限は法律により発行日を含め4日間と定められています。この期限内に処方せんを保険薬局へ持参していただき、お薬を受け取ってください。
※処方せんの有効期限が切れてしまいますと、再受診が必要となりますので注意してください。
保険制度上、一部の方を除き自己負担金が若干増える場合がございますのでご了承ください。
後発医薬品(ジェネリック医薬品)は、先発医薬品と治療学的に同等であるものとして製造販売が承認され、一般的に、開発費用が安く抑えられることから、先発医薬品に比べて薬価が安くなっています。後発医薬品を希望される方は医師にご相談ください。


●院内処方

中央受付で清算後、領収書の下のお薬引換券番号を確認してください

矢印↓

薬剤科の電光掲示板に出来たお薬から番号が表示されますので、引き換えてください



※時間外や休日は窓口が変わりますので注意してください。


入院される患者さんへ

 入院当日には、現在飲んでいる(使用している)お薬をすべてお持ちください。当院で処方されたお薬、他の病院から処方されたお薬の他に、ドラッグストアで購入された市販薬、サプリメント、健康食品などもお持ちください。また、おくすり手帳やお薬説明書(薬剤情報用紙)などがありましたら、一緒にお持ちください。


お薬の正しい使い方

薬はいつ飲んだらよいでしょう?

服用のタイミング

食 前…胃の中に食べ物が入っていないとき
    (食事の前30分以内)
食 後…胃の中に食べ物が入っているとき
    (食事の後30分以内)
食 間…食事と食事の間(食事の2時間後が目安)
     ※食事中に服用することではありません

 

※ 薬は原則水で飲みましょう。

 お薬によっては、水以外で飲むことによって、お薬の効果に影響が出るものがあります。
(例1)抗生物質の中には、牛乳で飲む事によって、吸収が阻害され効果が減弱されるものがあります。
(例2)高血圧のお薬の中には、グレープフルーツジュースで飲む事によって、効果が強く現れるものがあります。

薬を飲み忘れたときは?

 万が一お薬を飲み忘れてしまったら、思い出したときにすぐに飲むようにしましょう。ただし、次の服用時間が迫っている場合にはその分は飲まずに、その次からいつものように飲みます。 絶対に2回分一度にまとめて飲んではいけません。 ※お薬によっては、絶対に食前でなければならないもの、絶対に食後でなければならないものもありますので、飲み忘れたときの対応が異なる場合があります。お薬を受け取るときに医師や薬剤師にお尋ねください。

保管と管理で注意することは?

 お薬は、もらった時の袋に正しく入れて、箱(カン)や引き出しなどの中に保管して下さい。お薬の名前や作用が分かれば書いておきましょう。
 ※お薬によっては、必ず冷所に保管しなければしけないものもありますので、注意してください。


避けるべきところ

・ 湿気が多いところ
・ 直接日光があたるところ
・ 高温になるところ
・ (子供のいる家庭) 子供の手の届きやすいところ、目につきやすいところ


 お薬は、処方された"その人のその時のため"だけのものです。他の人には絶対にあげないでください。
 お薬には有効期間がありますので、処方された期間を過ぎたお薬は使用しないことが望ましく、頓服薬なども一定期間が過ぎたら捨てて新しいお薬を処方してもらいましょう。

薬の飲み合わせの注意は?

 二種類以上の薬が重なると、互いに作用しあって影響することがあり、ある場合には作用が強くなったり、ある場合には弱くなったりすることがあります。そのため複数の医療機関や受診科からお薬をもらう場合には、特に注意が必要となります。

 『おくすり手帳』を活用し、主治医に現在服用中のお薬を伝えましょう。薬局でもおくすり手帳を提示し、飲み合わせをチェックしてもらいましょう。


黒部市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション