本文へジャンプ

薬剤科

薬剤科 薬剤科では調剤、注射、医薬品情報管理、病棟業務、チーム医療、高カロリー輸液や抗ガン剤の無菌調製、治験管理業務などを行っています。安心、安全な質の高い医療の提供のため、医薬品の管理・適正使用の推進に日々努めています。


業務紹介 チーム医療 資格・認定 患者さんへ 患者さんへ 患者さんへ

業務紹介

調剤業務

 入院・外来処方について、処方せんに基づき調剤を行います。疑問点がある場合には医師に疑義照会を行った上で調剤します。腎機能などの採血データを確認し、投与量に問題はないか、休薬が必要な薬剤(抗がん剤等)は、正しく休薬されているか、相互作用や重複投与はないかなどをチェックしています。薬剤師による監査はもちろんのこと、処方監査システムや調剤監査システムを導入し、調剤過誤のないよう対策を行っています。 また、おくすり相談窓口では、患者さんからのお薬に関する質問や相談を受けています。


 

注射業務

注射薬払出業務

 注射処方せんに基づき、患者さん毎に一施用セットを行っています。その際、投与速度、投与経路、相互作用をチェックし、疑問点がある場合には医師への問い合わせを行います。特に、抗がん剤はプロトコールに準じて医師が処方しているかどうか厳密に確認を行っています。配合変化など、看護師からの問い合わせにも対応しています。


 

無菌調製・化学療法混合調製業務

 厳格に管理されたクリーンルームで調製を行います。特に高カロリー輸液は細菌汚染されやすく感染のリスクとなるため、クリーンベンチを用いて無菌調製を行っています。抗がん剤は、調製者の被ばくを防ぐために、ガウンを着用し、安全キャビネット内で調製を行います。揮発性薬剤には閉鎖式接続器具を用いています。また、調製監査システムを導入し、調剤過誤のないよう対策を行っています。


 

麻薬管理業務

 疼痛管理や手術時に用いられる医療用麻薬は、麻薬という性質上、法律で取扱いや保管方法が厳しく規制されており、適正な管理が必要です。この医療用麻薬の購入から施用、残薬の廃棄にいたるまで、薬剤師が管理を行っています。

院内製剤業務

 一般に販売されている薬剤では十分に対応できないといった場合に、病院内で調製する薬剤です。医師の依頼に基づき、病院内で審査・承認を受け調製しています。


 

医薬品情報業務

 医薬品の安全性や適正使用に関して情報を収集・分析し、医師・看護師などの医療スタッフや患者さんに提供しています。

治験業務

 治験とは、患者さんの協力のもと、新しい薬剤の候補について安全性と有効性を検討する試験のことです。治験が適切かつ安全に行われるように治験薬および治験関係資料の管理を行っています。また、患者さんが安心して治験に参加できるように、治験コーディネーター(CRC)がさまざまなサポートをしています。

病棟業務

 入院患者さんの薬剤管理全般を担います。持参薬の確認、相互作用や重複投与はもちろんのこと、腎機能や既往歴などを確認し、投与薬剤や投与量は適正であるかを考察します。医師・看護師からの問い合わせに対応し、より適切な薬物療法の提案を行っています。患者さんに効果・副作用、正しい服用方法などの情報を提供し、患者さんのアドヒアランス向上に努めています。検査データの確認や定期的な面談を行い、副作用の早期発見にも努めています。


 

チーム医療・資格・認定

チーム医療業務

 当院には、感染制御・化学療法・緩和・栄養サポート・褥瘡・糖尿病などさまざまなチーム医療があります。薬剤選択や治療についてチーム医療の一員として医師や看護師、他のコメディカルとディスカッションを行い、患者さんにとって最適な治療となるようサポートしています。


チーム医療
チーム活動・薬剤師の役割
関連資格・認定
がん化学療法
チーム
カンファレンスに参加し、化学療法レジメンの作成・管理に携わっています。患者さんの体重、体表面積、臨床検査値、アレルギー歴等の基本情報を基に投与量や投与スケジュールの確認を行っています。また、抗がん剤の効果や副作用とその対応について患者さんにパンフレットを用いながら説明をしています。 がん薬物療法
認定薬剤師 (1名)
がんサポート
チーム
入院・外来患者さんの身体的苦痛、精神的苦痛、社会的苦痛など様々な苦痛を和らげることを目的とした専門チームです。患者さんや家族に薬物療法のアドバイスや指導を行っています。また、医療者に対して専門的なアドバイスを行っています。  
感染制御チーム(ICT) 薬剤師が行うICT活動として、当院では主に抗菌薬使用量の集計や特定抗菌薬届出の推進を行うことに加えて、毎週のICTラウンドへの参加があります。また、抗菌薬適正使用の観点から、当院で定めた特定抗菌薬の使用患者を全例把握し、不適切な使用量や投与期間、感受性試験の結果に合致しない抗菌薬の選択がされている場合には、直接主治医に抗菌薬等の提案や協議を行っています。  
栄養サポート
チーム(NST)
週2回の病棟ラウンドに参加しています。医師・管理栄養士らと共に対象患者さんの栄養状態・栄養療法について評価を行い、その改善に向けた提案を行っています。 NST
専門療法士(2名)
褥そうチーム 月2回病棟ラウンドに参加しています。医師、看護師、管理栄養士、理学療法士らとともに、入院患者さんの皮膚状態を確認して改善に向けて話し合っています。また、月1回症例検討や勉強会を開いて知識を深めています。  
糖尿病チーム 週1回病棟ラウンドに参加し、入院患者さんの血糖コントロールの問題点や改善点を協議し、糖尿病教育を進めます。薬剤の副作用や副作用予防策の説明、インスリンの自己注射手技指導等を行っています。 糖尿病
療養指導士 (1名)


●その他の資格・認定

資格・認定
詳細
日本薬剤師研修センター
認定薬剤師(3名)
日本薬剤師研修センターの定める認定。一定期間内に所定の単位を取得した薬剤師。
生涯研修履修認定薬剤師
(1名)
日本病院薬剤師会の定める認定。一定期間内に所定の単位を取得した薬剤師。
認定実務実習指導薬剤師
(3名)
薬学生の病院実習を始め、薬剤師研修生の受入れを実施しています。
公認スポーツファーマシスト(1名) 最新のドーピング防止規制に関する情報・知識を持ち、競技者に薬の正しい使い方の指導を行います。
DMAT(災害派遣医療チーム)(1名) 大規模災害や多傷病者発生事故の現場などで、急性期(おおむね48時間以内)に活動します。

患者さんへ

外来患者さんへ

 当院の外来処方については、原則として院外処方となっております。 ご理解とご協力をお願い致します。

 患者の皆様には是非、かかりつけ薬局を一つ決めておくことを、おすすめします
「かかりつけ薬局」とは、あなたの服薬状況を一元化して把握し、薬の重複や飲み合わせのほか、効果、副作用を継続的に確認することができます。そうすることにより薬を安全・安心に使用していただけます。
 また休日や夜間など薬局の開局時間外も24時間体制で電話相談に応じる場合もあります。
外出が難しい高齢者などの患者さんには、在宅医療サポートを受けられる場合があります。
 詳細は保険薬局でお尋ねください。

院外処方イメージ



入院される患者さんへ

  • 入院当日には、現在飲んでいる(使用している)お薬をすべて、予定の入院期間の日数分をお持ちください。
  • お薬についての正確な情報を把握するため、おくすり手帳やお薬説明書などもお持ちください。
  • お薬は出来るだけ、もらった時の薬袋に入れてお持ちください。
  • 但し、現在使用していないお薬は、お持ちにならないでください。
  • 不明なお薬や残薬の整理等は、お薬をもらわれた保険薬局にご相談ください。

おくすり、おくすり手帳イメージ



保険薬局の方へ

お知らせ

2021年3月15日より、電子カルテ更新に伴い院外処方箋に下記の2点を追加しました。
①検査値の一部と身長、体重、体表面積の記載
②内服薬の1回量および原薬量表示

電子カルテ更新に伴う変更点について


院外処方箋における疑義照会簡素化の導入について

調剤上の典型的な変更に伴う疑義照会を減らすことにより、処方医の負担軽減、患者の待ち時間の減少を目的として、院外処方疑義照会簡素化プロトコル*¹を2020年4月から運用します。
なお、本プロトコルの運用にあたっては、プロトコルの趣旨や内容を十分に理解して頂いた上で、合意書を交わすことを必須条件とします。
*¹疑義照会において、病院と保険薬局間であらかじめルールを決めておくこと。


院外処方せんにおける疑義照会簡素化のプロトコル(2020年4月1日版)
PDFファイル

合意書 保険薬局控え
PDFファイル   wordファイル

合意書 黒部市民病院提出用
PDFファイル   wordファイル

医薬品変更報告書・プロトコルに基づく規格変更調剤報告書①
wordファイル

プロトコルに基づく減数調剤報告書・残薬情報提供書②
wordファイル

疑義照会結果報告書③
wordファイル

 

がん化学療法(薬物療法)レジメン

 当院外来通院治療室で施行している化学療法のレジメン表です。(随時更新)
保険薬局での処方チェックおよび服薬指導の参考にしてください。
 なお、投与スケジュールや投与量は、患者さんの状態によって変更される場合があります。掲載内容については、無断転用を禁じます。


がん化学療法(薬物療法)レジメン一覧(2020年4月1日更新)

トレーシングレポート(服薬情報提供書 がん化学療法)


保険薬局専用 相談窓口:通院治療室
平日 8:30~16:30
TEL:0765(54)2211(代) 内線2082

 


学生・就職希望の皆さんへ

採用試験

採用試験の情報については、当院ホームページ(採用情報)で確認できます。

見学(就職を希望される方)

薬剤科内や業務等の見学を行っています。
軽食を取りながら、質問等にお答えします。(軽食は施設で準備します)
見学のお申し込みは、随時電話で受付けています。

連絡先:0765-54-2211 薬剤科(内線2105)

実務実習

薬学教育協議会地区調整機構を介して、薬学生の長期実務実習(11週)を受け入れています。
薬剤管理指導業務を中心とした病棟業務、チーム医療への参加、TPN・抗がん剤の無菌調製調剤業務、注射薬払い出し業務、治験、医薬品情報など一般的な業務体験のほか、学生の希望に応じて他部署見学なども実施しており、「病院」という組織で働く薬剤師の役割について実感できるプログラムとなっています。

黒部市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション