本文へジャンプ

がんサポートチーム

緩和ケアとは

 がんには、痛みや吐き気、倦怠感をはじめとした身体的な症状だけでなく、不安や悲しみなどの精神的な苦痛を伴います。
緩和ケアは、これら様々な苦痛に対し、身体症状のコントロールと心のケアを同時に行うことで、患者さんと家族のQOL(生活の質)を総合的に高めることを目的とするものです。

 緩和ケアというと治癒を目的とした治療に反応しなくなった場合に行われると誤解されがちです。
しかし、がんと診断されたときからいつでも受けることができ、早期のがんにおいても、がん治療の過程においても適用されるべきもので、早期からの緩和ケアにより患者生存率が改善されるとの報告もあります。

 

がんサポートチーム

 当院では、緩和ケアチーム(がんサポートチーム)を組織してケアを実施しています。
 このチームは入院・外来患者さんの身体的苦痛、精神的苦痛、社会的苦痛など様々な苦痛を和らげることを目的とした専門チームです。
 このチームは、身体症状や精神症状等の緩和ケアに関する専門的な知識や技術を提供する医師や看護師、薬剤師、管理栄養士、ソーシャルワーカーといった多職種から構成され、主治医や担当看護師とともに、がんと診断された早期時点から患者さんをサポートします。
 また、病棟や外来部門にがんサポートチームとの連絡役を担うリンク・ナースを配置し、緩和ケアを必要とする患者さんをいち早く把握し、早期からチームが介入できるよう活動しています
 なお、緩和ケアの実施に際しては、患者さんおよび主治医の承諾が必要となります。
緩和ケアを希望される場合、主治医、担当看護師、がん相談支援センターまたはかんわ支援室にご相談ください。


がんサポートチームの関わり

緩和ケアに関わる主な職種と役割

職種
役 割
医師 痛みなどの体の症状の緩和を担当する医師と、精神症状の治療を担当する医師が、担当医と協力して治療を行います。
看護師 患者さんや家族のケア全般についてのアドバイスを行います。転院や退院後の療養についての調整も行います。
薬剤師 患者さんや家族に薬物療法のアドバイスや指導を行います。また、医療者に対して専門的なアドバイスを行います。
ソーシャルワーカー 療養にかかわる助成制度や経済的問題、仕事や家族などの社会生活、療養先に関するアドバイスなどを担当します。
管理栄養士 食べたりのんだりすることにかかわる問題に対応して食事の内容や食材、調理法についてのアドバイスを行います。
リハビリテーション技師 患者さんの自立を助け、日常生活の維持のためのアドバイスや治療を行います。

連絡先

かんわ支援室
TEL 0765-54-2211(内線2805)

がん相談支援センター
TEL 0765-54-2211(内線2805)

 

 

黒部市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション