本文へジャンプ

先輩の声

安藤舞


黒部市民病院を選んだ理由

 初期研修医の安藤舞です。
 黒部市民病院の研修医になって約1年が経過しました。私が黒部市民病院での研修を希望したのは、黒部市民病院は救急症例が豊富であり、その全例のファーストタッチを研修医ができるということが魅力的だったからです。そうは言いながら初めのころは不慣れな救急対応をすることにかなり不安を感じていました。しかし、必ず2年目の先輩や上級医の先生の後ろ盾があり、足りない部分を補っていただいたり、手技を教えていただき、安心して研修ができました。最初は人に頼っていたことも徐々に自分で判断や処置できるようになり、自分自身成長を感じられる1年となりました。もちろんまだまだ自信を持てないことやできないことが山のようにありますが、あと1年の研修期間でまた大きく成長したいと思っています。
 黒部市民病院で1年過ごして1番ありがたいと思ったのは上級医の先生との垣根が低いことです。病院の規模が大き過ぎず小さ過ぎず、上級医の先生の名前と顔は全員すぐに覚えられました。先生方も研修医を覚えてくださり、仕事上での相談のみならず、私生活での相談も気軽にできるような温かい先生方ばかりです。また研修医の数も多過ぎず少な過ぎず、研修医同士で悩みを相談したり、経験した症例について教えあったりなど和気あいあいとした雰囲気です。研修先で迷っている方は黒部市民病院にぜひ見学に来て、その雰囲気を感じてもらいたいです。





太知さやか


黒部市民病院での初期研修

 黒部市民病院に就職して早くも9か月経とうとしています。私が黒部市民病院に来て感じたことを述べていこうと思います。
 まず黒部市民病院の特徴は働きやすい病院であるということです。先輩医師、同期、コメディカルの皆さんは親切で、病院の規模が大きすぎないぶん職員同士の顔も把握しやすく距離の近い病院だと思います。いつも助けていただき日々多くのことを吸収する毎日です。研修医のことをいつも気遣ってくださる研修センターの方々には感謝しかありません。本当に職場の環境に恵まれているなと感じています。
 研修医一人一人に任される部分が大きい救急外来は一番の成長の場かもしれません。救急外来には軽症から重症まで本当にたくさんの症例を経験できます。大変なこともありますが一年を通して当直があり非常にやりがいがあり充実した日々を過ごせます。
 また、黒部市民病院では仕事だけでなく、休日はしっかりとれるのも魅力です。サバチカル休暇や夏休みをこんなにしっかり取れる病院は珍しいのではないかと思います。リフレッシュしてまた明日から頑張ろうという気持ちを養えます。その他にもサマーフェスタ、不定期に開催される飲み会など業務以外の交流の場も多く楽しいです。
 日々の暮らしでいうと研修医のための官舎が病院の横にあるので通勤に時間はかからないというのも助かるところです。
黒部市民病院は気持ちがあればなんでもやらせていただける環境があります。この素晴らしさは聞くだけでは伝わらないところもあるので、ぜひ一度黒部に見学に来てください!





福田俊憲

黒部市民病院での初期研修

 本年4月より当院で研修させて頂いております、研修医1年目の福田俊憲と申します。
当院での研修の良い点として
「救急でファーストタッチができること」 、「米国指導医との交流」 があります。
医師として土台となるものは勉強であるのは間違いないのですが、より成熟した医師になるには豊富な経験が必要です。当院の救急ではまず研修医が患者の診察、診断、治療のアプローチをし、それを上級医にコンサルテーションするという形です。そのため指導医が常に横にいる病院とは違い、自分で患者を診て治す力がつきます。もちろん、わからない時は2年目の先輩や指導医に聞くことができるので心配は全くありません。疑問に思ったことはすぐ先輩の医師や看護師さんに聞いて解決するというのがこの病院では当たり前で、病院自体が研修医を育てようという気風に溢れていることが身を持って感じられた一年となりました。
 また年に3回米国指導医が来日し受け持ち患者に対してアドバイスや米国での医療のゴールドスタンダードを教えて頂いております。「なぜこの患者ではこうしたのか?」「米国ではこのようにするよ」「それはエビデンスに基づいているのか?」等と毎回時間ギリギリまで話しています。近年、医療においてEBMの重要性は大きくなる一方ですので、このように定期的に米国からの医師が来て普段の診療を見直すことができるのは、当院に来てよかったと思えることの一つです。
 ぜひ一度見学に来て頂き、様子を少しでも見ていただければと思います。

黒部市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション