本文へジャンプ

理学療法部門

理学療法とは

  理学療法とは病気、けが、高齢、障害などによって運動機能が低下した状態にある人々に対し、運 動機能の維持・改善を目的に運動、温熱、電気、水、光線などの物理的手段を用いて行われる治療法 です。理学療法の直接的な目的は運動機能の回復にありますが、日常生活活動(ADL)の改善を図り 最終的にはQOL(生活の質)の向上をめざします。

当院での理学療法

  当院では手術や病気の発症した後、できるだけ早い時期より医師や看護師など他職種と連携を図り ながらベッドサイドやリハビリ室でのリハビリテーションを開始するように努めております。入院前 の日常生活に近づけるように寝返る、起き上がる、座る、立ち上がる、歩くなどの動作を練習し退院 を目指します。県内のリハビリ専門病院との連携も深めており、自宅退院まで至らなかった患者様も リハビリが円滑に継続していただけるように情報共有に努めております。

当院での理学療法スタッフ

スタッフ:理学療法士 11名(内1名は保健センター及び介護老人保健施設カリエー
ル兼務)

当院の理学療法室

理学療法室 理学療法室
電子カルテスペース        運動療法スペース

 

理学療法室 理学療法室
物理療法スペース           水治療室

 

理学療法室 理学療法室
心大血管リハビリスペース      歩行スペース

当院リハビリの流れ

■ベッドサイドでのリハビリ

ベッドサイドでのリハビリ  ベッドサイドでのリハビリ


■理学療法室でのリハビリ

ベッドサイドでのリハビリ  ベッドサイドでのリハビリ  ベッドサイドでのリハビリ



当院リハビリの特色

 ①疾患別リハビリ・チャートを使用し、院内の他職種との連携を深めております。  
  以下に当院で実際使用しているリハビリ・チャートの一例を示します。


リハビリ・チャート


※リハビリ・チャートとは・・・

 疾患別に受傷や発症日よりどのようなリハビリをしていくかを示し、リハビリや医療スタッフは もちろん患者様やご家族の方まで一緒に理解し進めていくための用紙です。

 

※リハビリ・チャートの特徴・・・
 疾患別にSTEPを設定し中間目標(アウトカム)を達成することにより、次のSTEPに進んでい きます。各ステップごとに目標となるリハビリや運動内容を示してあります。

②地域連携パスを用いて、新川広域圏の病院関係者と連携を深めております。
 ※新川地域連携パスとは・・・
  魚津市、黒部市、入善町、朝日町のリハビリテーション部門のある病院や開業医と連携して、 切れ目のない治療を提供するための診療計画を作成し、治療を受けるすべての医療機関等と情報   を共有しています。

 

※地域連携パスの特徴・・・
 各急性期病院は同じ様式を用いて、在宅まで情報が途切れないよう連携を図っています。以下の 病気やケガの患者様を対象に地域連携パスを用い、他の病院や施設、在宅と密な連携を図りながら 患者様が安心して医療や介護を受けることができるように努めています。

 ・脳卒中
 ・大腿骨頚部骨折

黒部市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション