本文へジャンプ

外来・通院治療室・かんわ支援室、他

外来

 外来1階フロア(中央棟1階)には、内科・漢方内科・外科・脳神経外科・脳神経内科・整形外科・小児科・心臓血管外科・呼吸器外科・放射線科の診療科と内視鏡センター、地域救命センターがあります。
平成27年9月の新外来棟完成に伴い、中央採血室隣には新たに6床のベッドを備えた中央処置室が開設されました。
外来2階フロア(中央棟2階)には、産婦人科・眼科・泌尿器科・皮膚科・形成外科・耳鼻いんこう科・歯科口腔外科・精神神経科があります。
 外来のスタッフは看護師、視能訓練士、精神保健福祉士、歯科衛生士など多様な職種がそろっており、他職種・他部門と協働して医療に取り組み、お互いの協力体制を整えています。
 【1人1患者以上を担当し、外来記録の充実を図ります】を目標に、チームを編成して活動を行い、取り組みの評価を行って、外来継続看護への積極的な関わりと看護のレベルアップに繋げていきます。
 また、看護部の理念である「地域のみなさまに信頼される看護を提供する」ために、病院の「顔」として、患者さんの人格を尊重したマナーと思いやりを持って、心のこもった看護を提供していきたいと考えています。今後も地域住民の皆様に愛され、患者さんやご家族の方が安心して通院できる外来にするよう努力していきます。


 

 




通院治療室

化学療法を受ける患者さんのために、2008年3月に開設

通院治療室では、通院治療室看護師が医師の診察前に問診を行っています。自宅でどのような副作用が出現したのか、日常生活に負担は生じたのかなど、患者さんが治療継続と日常生活が両立できるように努めています。また、患者さんやご家族の不安を少しでも軽減できるよう心がけています。
医師、看護師、薬剤師、心理療法士、栄養士などの専門職が連携を図り、患者さんやご家族に治療が安全に行われるよう話し合いを行っています。



 

かんわ支援室

看護師の緩和ケアの質向上を目指しています

かんわ支援室は、がん治療されている入院、通院患者さんとご家族の相談室であり、がんサポートチームの窓口としての役割を担っています。また、がん患者サロンの運営と委員会での緩和ケアの学習会で、看護師の緩和ケアの質向上を目指しています。

がんサポートチーム

当院の緩和ケアチームの名称は、「がんサポートチーム」で医師、看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士、精神保健福祉士で構成されています。チーム介入依頼のあった入院・通院患者さんとそのご家族の思いを大切にし、望まれている状況に近づけるようチームで話し合い、主治医や担当看護師との連携に努めています。また、主治医、担当看護師へのコンサルテーションを行っています。

がん患者会

当院のがん患者会は毎月1回開催しています。ミニ講座の開催やがんピアサポーターとの交流会、患者同士のフリートークを中心に企画開催しています。患者会への参加は当院で治療している方に限らず、他院で治療を受けられている患者さんとご家族の方もご参加いただけます。交流会は患者間でいろいろな情報交換ができるため、多くの方が楽しみにされています。

緩和ケア外来

2018年8月より富山県立中央病院 緩和ケア科の峠医師による緩和ケア外来(第2・4木曜日)をスタートしました。疼痛コントロールや精神面でのアドバイスを得ています。

黒部市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション