本文へジャンプ

認定看護師

がん性疼痛看護認定看護師

がん患者さんの痛みは初期から出現し大多数が持続性であると言われています。痛みが日常生活や闘病意欲に影響することはまれではなく、疼痛緩和は患者さんのQOL向上に非常に大きな役割を持っています。様々な痛みを抱える患者さんとご家族の苦痛に寄り添い、早期に解決できるようチームで取り組んでいきたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

 

がん性疼痛看護認定看護師  細見 由加里

緩和ケア認定看護師

がん患者様とその家族様また緩和ケアを必要とする人に対して全人的なケアを行っていくこと。また、病院スタッフの方々が緩和ケアに対して興味をもってもらえるような働きがけを行い、緩和ケアの向上につなげていきたいと思います。 よろしくお願いします。

 

緩和ケア認定看護師  廣田 有美

感染管理認定看護師

医療関連感染対策では、標準予防策と感染経路別予防策を基本として、医療を提供する場で働く人々全員で実践することが求められています。また、手指衛生や個人防護具使用のように実施する本人に任されている対策も多く、医療関連感染対策が適切に実施されないと、患者だけでなく医療従事者自身にもリスクが発生します。そのために医療従事者が医療関連感染対策の知識をケアや技術と関連づけながら実践できるように、2人目の感染管理認定看護師として活動していきたいと思っています。よろしく、お願いいたします。

 

感染管理認定看護師 澤田 利美

がん化学療法認定看護師

私が認定看護師を目指したのは、抗がん剤治療を行っている患者様の疑問や不安に身近に寄り添いたいという思いがきっかけでした。
現在は通院治療室(外来化学療法室)に勤務し、抗がん剤治療を受ける患者様の看護に関わっています。
私は、抗がん剤の安全な投与管理を心がけるとともに、抗がん剤を投与するにあたって起こるさまざまな副作用や問題に対して、患者様個々にあわせた具体策を他職種と連携をもって対応したいと思っています。そして、患者様にあった快適な治療環境を提供できるよう、多くの医療従事者の意見や協力を得ながら日々努力していきたいと思っております。よろしくお願いします。

 

がん化学療法看護認定看護師 佐々木良子

感染管理認定看護師

感染管理認定看護師として「感染症の危険から全ての人々を守る」と言う大きな目標がありますが、自分が出来る事は病院で働く人や患者様・家族に、安心で安全に過ごしてもらえるように感染チームの一員として努力していく事です。具体的には、手洗いの遂行、感染防止技術を磨く事、感染が起きそうな時を事前に察知し食いとめる事が大切だと考えています。感染管理を行なっていく上で自己研鑽に努め、少しずつでも良い方向になるように努力していきたいと思います。また、感染対策に関して皆様の声をうかがいたいと思っていますので、ご意見やご指導などをお待ちしております。

 

感染管理認定看護師 能登 明子

皮膚・排泄ケア認定看護師

皮膚・排泄ケア認定看護師は“創傷Wound”“ストーマOstomy”“失禁Continene”に関するケアを行う看護師です。創傷は褥瘡の予防・ケア、手術創、ろう孔ケア。ストーマは手術前から手術後、退院後まで、排泄経路の変更に伴う不安などをサポートします。また、装具選択や局所ケアなどを行います。失禁は、排泄に伴う治療的・予防的スキンケアを行います。
専門的知識を用いてケアや情報の提供を行っています。入院から退院、そして退院後も安心して過ごす事ができるよう関わっています。

 

皮膚・排泄ケア認定看護師 川村 智子

緩和ケア認定看護師

平成21年に緩和ケアチーム専従看護師としてかんわ支援室に配属となりましたが、自分自身の緩和ケアに関する知識、技術不足を強く感じていました。昨年、緩和ケア認定看護師教育課程を修了し、今年度より緩和ケアチーム専従の緩和ケア認定看護師としての活動が開始となります。
がんと診断された患者さんとそのご家族の身体的、精神的な苦痛が少しでも和らげることができるよう、また、患者さんが大事にされている価値観を尊重した生活支援者としての活動を主治医、担当看護師と連携を図りながら行っていきたいと考えています。よろしくお願いします。

 

緩和ケア認定看護師 高山 由紀子

透析看護認定看護師

私は、今年の7月に透析看護認定看護師の資格を取得し、現在、腎センターに勤務しています。週2~3回顔を合わせている患者様、その御家族とは、日々腎不全ときちんと向き合い、セルフマネジメントができるようにコミュニケーションをとりながら看護を進めています。今後は、慢性腎疾患(CKD)患者様に対し、CKDステージ分類ごとの指導や、療法選択についての情報を提供することで、患者様の意思決定を促し、透析受容や療養生活に対する患者様の主体性、ひいては生活の質の向上を目指していきたいと考えています。今後も患者様からの学びを念頭に置き、質の高い透析看護の実践、指導、相談に応えられるよう活動していきたいと思っています。

 

透析看護認定看護師 草切 幸

がん放射線療法看護認定看護師

放射線治療はがん治療の3本柱のうちの一つです。日本ではがん患者の4人に1人が放射線治療を受けています。
がん放射線療法看護認定看護師は、放射線療法を受ける患者さんが計画された治療を最後まで完遂できるよう、治療計画から有害事象を予測し、ケアや支援を行う役割を担っています。
放射線治療は手術に比べ侵襲が少なく体への負担が軽いため、高齢者・合併症のある患者さんにも対応でき、また身体の形態や機能温存が可能という大きなメリットがあります。ただし、病巣周囲の正常組織へのダメージを考慮して、毎日少しずつ治療を行うため、治療期間が長くかかる場合があります。
治療による有害事象を最小限に押さえられるよう、個々の生活状況に合わせた生活指導を行うと共に治療や疾患に対する不安な気持ちに寄り添い、放射線治療の完遂を目標に患者さんに継続した看護ケアを提供していきたいと考えています。また、チーム医療の一員として、患者さんとご家族が安心して、また、少しでも安楽に放射線治療を受けられるよう他職種介入の調整役としての役割も果たしていきたいと思います。

 

がん放射線療法看護認定看護師 野口 直子

糖尿病看護認定看護師

私は、現在内科病棟で勤務しています。糖尿病患者さんと関わることが多い 中で、糖尿病看護に興味を持ちました。
糖尿病は慢性の疾患で、長年にわたって治療を続けていかなければなりませ ん。しかし、自覚症状が少ないこと、治療が食事や運動といった、生活習慣 そのものに影響するため、治療中断者が多いのが現状です。その中で、合併 症が進行している患者さんもおられます。療養行動を継続していく困難さを受け止めながら、糖尿病患者さん、そのご家族の支援者となっていきたいと思っています。糖尿病とともに生きる人のセルフケア確立に向けて、他職種と連携して支援していきたいと考えています。

 

糖尿病看護認定看護師 開 弘美

 

認定看護師とは

日本看護協会認定看護師認定審査に合格し、ある特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護実践のできる者。看護現場におい て実践・指導・相談の3つの役割を果たすことにより、看護ケアの広がりと質の向上を図ることに貢献することを目的としています。
この制度は1997年に開始されました。

認定看護師への道

日本国の保健師、助産師および看護師のいずれかの免許を有すること
実務研修5年以上(うち3年以上は認定看護分野の実務研修)

認定看護師教育課程修了(6ヶ月・600時間以上)

認定看護師教育機関は2009年6月現在、教育機関40・教育課程73
6ヵ月以上の連続した昼間の教育が原則
総時間600時間以上、学内演習および臨地実習は200時間以上

認定審査(筆記試験)

認定看護師認定証 交付・登録

5年ごとに更新審査を実施
(看護実践の実績と自己研鑽の実績等)

当院の支援体制

認定看護師免許取得まで

認定看護師免許取得にかかるほとんどの資金が支援されます(授業料、住宅費、受験料、交通費など)
教育課程中も給与が支給されます。

認定看護師免許取得後

認定看護師の分野をいかせるような職場に配置されるように配慮されますが、現在のところ、独立したポジションはありません。

黒部市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション