本文へジャンプ

病院憲章/病院基本方針

病院憲章

日々念心


 病院の使命は、完全なる診療を行うにある。ために施設の充実、医療に関わる者の弛まぬ研究が必要である。
 而も人斉しく、容易に医療を受け得るよう不断に
工夫努力を払うべきである。
 更には心の触れあいを通し、治療の完きを期し、
ここに従事するものは総て懇切丁寧を旨とすべきである。


-初代院長開院の辞より-


 

「日々念心」は初代院長 草野久也先生が開院に当たり、医療人の心がまえとして、職員に述べられた不滅の遺訓です。
 この「日々念心」を当院の病院憲章として心に深く刻み、私達の目指す明日への医療の道しるべにしたいと思います。

 

病院基本方針

  • 新川医療圏の基幹病院として地域の医療・保健・福祉施設と連携して地域完結型の医療を目指します。
  • 5疾病(がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病、精神疾患)、5事業(救急医療、災害医療、へき地医療、周産期医療、小児医療)の拠点として機能強化に努めます。
  • 患者さんを中心に、家族、全医療スタッフが参加したチーム医療を目指します。
  • 病院スタッフのワークライフバランスの推進、教育・研修機能の充実を目指します。
  • 経営の効率化を行い、健全経営に努めます。

黒部市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション