本文へジャンプ

地域がん診療拠点病院

 平成19年1月31日付けで、当院は厚生労働大臣から「地域がん診療連携拠点病院」の指定を受けました。これは全国どこでも質の高いがん医療を受けられるよう、地域におけるがん診療の連携や支援を推進するための拠点となる病院のことです。
 富山県にはそれぞれの専門分野を機能分担したがん診療連携拠点病院が8ヶ所(都道府県がん診療連携拠点病院が1ヶ所、地域がん診療連携拠点病院が7ヶ所)あります。さらには富山県指定の富山県がん診療地域連携拠点病院が2ヶ所あります。

主な役割

診 療

専門的な質の高い医療を提供するとともに、地域の医療機関と連携し、地域がん医療水準の向上に努めます。

研 修

地域の医療機関のがん医療従事者に対する教育・研修を行い、地域全体でより良いがん診治療を受けることができるようにします。

相談支援

がん相談支援センターを窓口として、地域住民のがん医療に関する相談・質問にお答えします。また、がんに関する様々な情報を得ることができるようサポートします。

情報提供

院内がん登録を実施し、がん患者の5年生存率等がん医療に必要なデータを収集・管理のうえ公開し、地域の医療機関だけでなく地域住民に対しても、がん医療に関する情報提供を行います。

支援・啓蒙活動

講演会などを通して、がん予防や早期検診の重要性などについて積極的に情報発信を行ないます。 また、がんの患者会の支援を行い、患者・家族・当院職員間のつながりを深めています。

セカンドオピニオン

がん治療にあたり病気の診断・検査・治療方針などに迷いがあるとき、主治医以外の医師の意見を聞くことができます。これにより納得のいく治療を選択していただけます。

黒部市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション